ニュース

コメント承認制のお知らせ(追記あり)

(新しい記事はこの下です。当面、この記事が先頭になります。<(_ _)> )

このブログにコメントを頂いている皆様へ

申し訳ございませんが、2月13日よりしばらくの間、コメント掲載は投稿頂きました後、当方で承認しましたもののみを公開することに致します。

情報のミスリードを狙ったものや、特定団体・個人を傷つけることを意図して書かれたと推察されるもの等々は、誠に申し訳ございませんが、ブログ管理者の主観により削除する場合がございます。ご注意下さい。

また、コメント投稿にはメールアドレスが必須になりますが、承認後公開する場合には、メールアドレスを非公開にさせて頂きます。(公開コメント欄にはメアドの記載を致しません。)

お手数をお掛けいたしますがご了承下さい。 [平成19年2月13日 ブログ管理人]

<追記>

平成19年10月10日より、ブログ管理人からのコメントの返信のみ公開致します。

コメント頂きました内容によりましては、これまで通り「ご本人様あてのメール」返信のみ致しますので、これまで通りメールアドレス記載をお願いします。

<追記2>

平成21年5月20より、投稿頂きましたコメントは、ブログ管理者が拝見させて頂いてから、公開致します。

「非公開」をご希望の方は、コメントにその旨をお書き添え頂きますよう、お願い致します。

               

       平成21年5月19日 ブログ管理人

| | コメント (1)

ヒトリ迷子札推進委員!みたび!

日曜日にこんなニュースを見た。

盲導犬の「身分証明」に識別用ICチップ埋め込みへ…

まだだったの…?と愕然とする一方、このニュースに対する反応に驚かされた。

イヌを「ロボット」扱いするな。とか、首輪にチップ入れれば?とか…

あまりにも舌足らずな内容に省略されたニュース報道によって、「海外渡航などの面倒な手続きやが簡単になる」といった使用者(ヒト)側の便宜のみ、それも日常的でないもののみが語られ、それに対する批判が起きている。

マイクロチップ装着、その瞬間の痛みは…たしかに…とオモウ…

けれどね…

日本国内はもとより世界中で頻発している地震や災害で、パートナー共々盲導犬介助犬自体が被災する可能性も高く、物は言えないけれど有用なシゴトをしてくれるイヌ達自身を守ることや、万が一の時にもイヌ達のチップで被災したパートナーの身元が判明することだってあるかもしれないのですよ。

  

首輪に迷子札つければ…

盲導犬介助犬達だけでなく、家庭犬達だって首輪につける迷子札の外れやすさは、イヌと暮す皆さんよくご存知のハズ…付けてたハズがアレ?ナイ…

首輪にマイクロチップを…

個体識別登録を目的にしている以上、すり替え取り間違えが起こりうる方法では、マイクロチップ自体の存在が無意味になります。

悪意を持った第三者に盗難された場合、マイクロチップ入りの首輪では、はずして捨ててしまえばオシマイ… 自分の家族である証明ができないです。

無責任な遺棄抑制の効果もなくなります。

身体に埋め込むなんてかわいそう!

そうおっしゃる方は、首輪をつけたまま、愛護センターに保護収監されているイヌ達がどれだけいるかご存知だろうか…

そして、その全てが「飼い主による遺棄犬だということ」ではナイということも…

『ある日、ほんの少しのコトで愛犬が迷子になった。

地元の警察に届けを出し、数日後には隣町で保護され、

保護主が警察にも届けておられた。

なのに、飼い主にはなんの連絡もなく、

たまたま飼い主が貼ってまわったポスターを保護主が見て、連絡…』

こんなことは本当にたくさんある…残念ながら…なことも…

  

改正遺失物法がもうすぐ施行される。警察での保護期間がなくなる…

『迷子札の外れた首輪一個で、愛護センターで迎えが来るのを震えて待っている。』

自分の大事な家族をそんな目にあわせていいですか?

  

…迷子にしちゃいけない…そんなのはダレも望んでいない…けれど、それでも起こるから、迷子がいるんだ…

話をしたり、字を書いたり、そんなことはどんなに教えたってできない。

だからね…

マイクロチップはゼッタイいや!って方は、全部の首輪に迷子札!

オデカケの時は、緩んでないかきちんとチェックお願いします。

もちろん!

マイクロチップが入ってたって、離れ離れはゼッタイダメ!

…無事保護されるとは限らないのですよ…

決して迷子にしない…その覚悟で…よろしくお願いします。

Michauhehe ちなみに… 

Michaelみっかはマイクロチップ(体温測定機能付)を入れてから、あのダイキライな検温をしなくてよくなったので、獣医さんでもゴキゲンですよ!

| | コメント (0)

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報-譲渡会終了

小型犬の譲渡会から一週間… 

新しい家族の実態?(^^;)も見えて来て、コマッタ&タノシイ時期でしょうか。

台風で先日21日22日に譲渡会が延期された大型犬達は、まだ「犬なのに猫かぶってる」状態ですか(^^)b?

まだ…全頭が新しい家族に出会えていません。

引き続き見守り頂きますよう、よろしくお願い致します。

  

陰性犬達の里親さんにと名乗りを上げられ、出逢いがあった方たちにお願いです。

カワイソウなコ…は、もう終わりにしましょう。

カワイソウだったのは、以前のコトこれからはもう違います。

いっしょにシアワセになって下さい。 

  

正式の譲渡書を交わした方々のコトは、もう里親さんと呼ばないでください。

里親というコトバはチガウと思います。

ヒトに対して用いられている場合、対象となる子ども達がその用法に傷つくこともあります。

犬達は正式に畜犬登録をして家族になります。ペットショップで、ブリーダーで、購入した場合と何もかわりません。

「里親」でなく法的にも所有者責任を負う「飼い主」です。

     

これからそのワンコ達は家族として暮らしていきます。

それぞれの家庭での位置づけやルールを覚えてもらわなければなりません。

存在が「癒し」になるのは、その過程があるからかもしれません。

苦労があっただけ、壁を乗り越えた時の互いの絆も固いのかもしれない。

    

このブログを見に来てくださっていた方々にお願いです

自分の側にいるイヌの頭をなでるとき、少しだけ思い出して下さい。

このコ達の親が、兄弟が姉妹が、トモダチ犬の親戚犬が、過酷な状況で「仔犬を産む機械」にされている現実があること。

シアワセになる前に虹の橋に渡ったあのコ達に、いつか逢う日に「モウダイジョウブ」そう言うことができるように…

生体の展示販売購入はやめてください。

     安易な購入が乱繁殖を増長します。

          こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

| | コメント (0)

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報-陰性犬情報・キャンドルナイト

今日は夏至。一年でイチバンお日様が頑張ってる(?)日。

http://www.candle-night.org/index.html

「100万人のキャンドルナイト・夏至2007」(6/22-24 20:00-22:00)

家族とダイジなヒトと、光害(コウガイ)問題、エネルギー問題を話し合う?

そして、地球の大切さ、イノチの尊厳。お互いが大事だと思うことを話してみませんか?

一年に2回のキャンドルナイトです。家庭の電気を2時間消してみませんか?

  

今日は、陰性犬達の譲渡申し込み最終日です。

ブルセラ病感染犬等救援本部【公募犬対象犬:応募状況(6月21日現在)】

http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/jyoutoyouhp/sub3.html

応募数が頭数を上回っている犬種もありますが、上回ったからと言っても、その犬種すべてが無事、家族として受け入れられるわけではないです。

「元・崖っぷち犬」の時のようにたくさんのヒトが「どのコか一頭」に集まったら、他のイヌは…

  

大型犬は応募がまだ少ないです。小型犬もMダックスはまだ…

どうか…すべてのイノチを大事に…みんなにすばらしい家族ができるように…

  

キャンドルの灯火は、願いを叶える力があると聞いたことがある。

もし、今晩ご家族でキャンドルを灯す時間を持たれるなら、イノチのために少しだけ話してもらえないですか?

   

南海の鯨やあざらしのイノチも、ジャイアントパンダのイノチも、みんなそれぞれイノチはひとつずつ。

森の木々や高い空・遠いところのイノチの話しもとても大事。

でも、実際に眼で見て、触れることのあるペットショップにならぶ「仔犬達や魚その他の動物達」がどこから来て、どこへ行くのか…

そのことに眼をつぶって、「地球の仲間のイノチ」を語っていいとは思えない…

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/top.html

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

| | コメント (0)

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報-譲渡公募犬情報2

アト2日…

「私は迎えに行けないケド…」ならば、できるだけたくさんのヒトに話して下さい。

あのコ達が「家族」を待ってる!と!

6/19現在の応募状況です http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/jyoutoyouhp/sub3.html

あのコ達は待っています。

早くあったかい「お膝」を教えてホシイと言ってます。

おいしい「オヤツ」も食べてみたい と言ってます。

サンポってどぉするの?教えてよ?きっとわたし上手にできるとオモウ!そう言ってます。

教えて!いろんなコト!そう言ってます

ナデて!話しかけて!見つめて!そう言ってます。

苦しかった日々は、「本当の家族」に逢うために用意されてた道筋かもしれない。

そう思えるような…すばらしい出逢いがありますように…

陽性犬として処分されてしまった虹の橋のワンコ達、みんなを守っていてね…

そして、シンシアちゃん…よろしくね。

大阪府に本部委員の方に、みんなが見ている事を伝えてください。

命を粗末にしていいはずがナイ!!!と

最後の一頭まで努力をしてほしい!!!と

伝えてください。

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/top.html

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

| | コメント (0)

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報-譲渡公募犬情報

黒ラブ・シンシアちゃん、あなたの笑顔好きでした。

虹の橋で先に空にあがった他のワンコ達とみんなを見守ってください…

明日は、4月28日土曜日未明、殺された陽性犬達の四十九日。

そして処分を免れた陰性犬達の譲渡受付開始。

みんなが新しいうちに「大事な家族」として迎えられますように…

本部HPに犬達の現状の個体情報がアップされています。ぜひご覧下さい。

http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/jyoutoyouhp/sub3.html

一昨日までいた陰性犬は111頭。公募対象は92頭 

昨日陽性と結果が出て殺されたシンシア… そして残りは18頭。

もうこれ以上コロサナイデ… どうすれば声が届きますか…

「もし譲渡後に、陽性化する犬がいたとしても、主治医の指導のもと治療を進める」んですよね…

なぜ、シンシアはダメだったのですか?かわいい笑顔のシンシア

    

アト110頭。公募対象外の18頭も必ず幸せにして下さい。お願いです。

お願いです… もうコロサナイデクダサイ…

大阪府に本部委員の方に、みんなが見ている事を伝えてください。

命を粗末にしていいはずがナイと伝えてください。

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/top.html

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

| | コメント (0)

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報-陰性犬情報

元現場ボラさん達が、陰性犬達の写真をアップしてくれています。

「新しい家族に!」と考えてくださっておられる方々、ぜひ見てください。

http://gu-kb.biz/izumidog/  

   

本部の方々に聞きたいです。

全部の陰性犬達の譲渡を真剣に考えておられますか?

陽性犬の一般譲渡を提示されたとき「一時の感情では終生の飼育は難しい」そうおっしゃってましたよね?

それは陽性犬でなくても同じだと思います。

陰性犬たちの現状を伝えずに、覚悟を決めて「家族」を迎える準備ができるとお思いですか?

「とりあえず形だけ…」で譲渡会をして、「引き取り手がなかったから…」と殺処分を検討するようなことだけはやめてください。

募集期間は、今週金曜日6月15日~22日までのたった一週間…

譲渡の頭数も確定しておらず、犬種個体の写真も発表ナシ…でどうやって希望を出すのでしょうか?

譲渡会で見て、決めればいいやん…ですか?

譲渡会に「とりあえず見に来た~」のヒトが沢山集まってもダイジョウブですか?

「きれいなカワイイ仔犬がタダ」ではナイです。

ブルセラ以外にも疾患を持った子がいるのではないですか?

皮膚疾患内臓疾患など、飼い主が一生、犬たちと共に闘っていかねばならない子達もいるでしょう?

「それでも家族に!」そう望んでくれるヒトもいると思います。

準備と覚悟のいることです。

早くに最新の情報を公開して下さい。

   

6月15日… あの日に殺されたイヌ達の四十九日。

あのコ達は、きっと元ボラさん達の愛情で「虹の橋」に向けて旅立つでしょう。

お願いです。もうどのコもアトを追わせないで下さい。

  

大阪府に本部委員の方に、みんなが見ている事を伝えてください。

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/top.html

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

| | コメント (0)

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報-陰性犬譲渡会

犬の新しい飼い主さがし実施について(大阪府報道資料)

6月4日 : http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/15971.html 

できるだけたくさんのヒトに知らせてください。

告知・募集期間が短いです。シンパイです…直接逢うこともできずに申し込んでダイジョウブなんだろうか…シンパイです…

けれど…つらい思いをしてきたイヌ達です。これから「家族」を見つけて幸せにならなければなりません。

   

このコ達を迎えようかと考えている方へ…

おしっこもサンポも…しつけは大変かもしれません。

でも、きっとできます。愛情と信頼。それが必要不可欠な条件です。

じっと眼を見つめあって、逢えてよかったなぁって思ったら…それが癒しです。

アタマをなでるのではなく、耳の後ろを軽く掻いてやってください。たいていのイヌはココが好きみたいです。

ブラッシングはきれいにして他人に見せるためではなく、カラダの点検とスキンシップです。

初めは抵抗していても、お互いの気持ちが寄り添ってくれば、安心して脱力してきます。

おなかも足のニクキュウも「はいどーぞ」ってしてくれたら、ブラッシングは面倒なものではなく、イチニチの中の「楽しみな時間」になると思います。

面倒ゴトはタクサンあります。けれど、それ以上に幸せになれます。

     

どうか全てのコ達が…大事に家族として迎えてくれる方に回り逢えますように…

イヌはアクセサリーや携帯のストラップのように簡単に付け替えがきくものでも、リセットしたりスイッチを入切できるゲームソフトでもありません。

「イヌをもらいにいく」のではありません。

「共に過ごす10年余の時間」そのための相棒犬をさがしてください。

   

今、保護してくださっている獣医師の先生方にお願いです。

イヌ達の「保護者」になって下さい。

新しく家族になる方々の「良きアドバイザー」になってください。

もう一頭も殺されることのないよう…天命をまっとうすることのできるよう…お願いです。

  

本部委員の方に、みんなが見ている事を伝えてください。

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/top.html

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

| | コメント (0)

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報-三十五日

5月28日(月)に第4回救援本部会議があった。

そして…救援本部HPに新しいページができた「陰性犬の新しい飼主さがし…」

「6月7日から申し込み書を配布・6月15日から22日受付」

安易に「ヤッカイごとを手放したがっている」ように見える。

それは、私の”気のせい”ですか?

条件は「終生飼育」だけでいいのですか?

「先着順・希望者複数は抽選」まさか…ですよね?

『”大阪名物引ったくり”の防止用自転車前かごカバーの配布』とはワケが違います。

10年に及ぶであろう終生飼育を家族全員で考える期間は、そんなに短かくて充分ですか?

とりあえず申し込んで~それから考える…なんてのアリですか?

まさか「面接して即、その場で引渡し」なんてしないですよね?

「今までセンターの里親探しはそうしてきたから…」なんてことないですよね?

渡して、アトは勝手にね~ですか?

陰性だってわかったんだからアトはどーでもいいじゃない、ですか?

委員の方々の『苦渋の選択』により虹の橋へ向かった陽性犬達のためにも、残された命の幸せを本気で考えてください。

病気じゃないとわかったイヌだから、『一時の感情で新しい飼い主になったとしても…その犬が亡くなるまでの何年間も…適切に飼い続けられる可能性』は低くてもよい」のでしょうか?

タダでもらった犬に医療費を… という文章を見たことがあります。

ニンゲンはタダで命をもらいました。

出産の費用はかかったかもしれませんが、両親に買われて家族になったわけではありません。

それでも熱を出した子どもの身体を心配する前に、財布の中身を考える親はいません。

いえ…残念ですが…いるのかもしれません。

ならば…今回は家族を選べるのです。尚のこと慎重に選んでください。

あの犬たちが幸せになる方法を真剣に考えてください。

  

みんなが見ている事を伝えてください。

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/top.html

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

| | コメント (0)

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報-四七日

ブルセラ病感染犬等救援本部の第3回会議が5月28日(月)に行われるそうです。

感染犬はもういないんだけどねぇ…

みんなもう虹の橋にいっちゃったんだよ…

以前、このブログでワタシは書いた「あの子達は虹の橋には行けない…」

けどね…毎週、あの現場に届いている花の数を見てオモウ。

あのコ達は、最期に愛してくれるヒトに逢えた。

「アタマをなでて」はやれなかったかもしれないけれど、「ご飯をつくって」はやれなかったかもしれないけど…

呼ばれることもなく、なでられることもなく、庭の片隅につながれたり、ケージに入れられたまま、マイニチ眼も見ずに餌を与えられる。「世間体もあるから殺すわけにいかず、時間が解決してくれるのを待っている」そんなトコロにいる「たくさんのコ」達より、ずっとずっと愛されて逝ったのかもしれない。

まだ、ワタシのココロではきちんと理解できないままでいるけれど…

   

四・七日、大阪は雨模様。それでもきっとまた花を持って行くヒト達がいる。

ワタシは忘れない。たくさんのヒトがあのコ達の笑顔を忘れないのと同じに…

会議に出席される委員の方々にお願いです。生き残ったコ達の幸せを優先して下さい。

マスコミ関係者の方々にお願いです。「かわいそうなブランド犬」にしないで下さい。

そして、なにより…不必要な「怖い危険な犬」には決してしないで下さい。

大阪府/報道発表資料 http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/12897.html

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/topfirst.html

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧