« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報-今度こそ幸せに… | トップページ | 明日は月食ですよ。 »

ヒトリ迷子札推進委員!みたび!

日曜日にこんなニュースを見た。

盲導犬の「身分証明」に識別用ICチップ埋め込みへ…

まだだったの…?と愕然とする一方、このニュースに対する反応に驚かされた。

イヌを「ロボット」扱いするな。とか、首輪にチップ入れれば?とか…

あまりにも舌足らずな内容に省略されたニュース報道によって、「海外渡航などの面倒な手続きやが簡単になる」といった使用者(ヒト)側の便宜のみ、それも日常的でないもののみが語られ、それに対する批判が起きている。

マイクロチップ装着、その瞬間の痛みは…たしかに…とオモウ…

けれどね…

日本国内はもとより世界中で頻発している地震や災害で、パートナー共々盲導犬介助犬自体が被災する可能性も高く、物は言えないけれど有用なシゴトをしてくれるイヌ達自身を守ることや、万が一の時にもイヌ達のチップで被災したパートナーの身元が判明することだってあるかもしれないのですよ。

  

首輪に迷子札つければ…

盲導犬介助犬達だけでなく、家庭犬達だって首輪につける迷子札の外れやすさは、イヌと暮す皆さんよくご存知のハズ…付けてたハズがアレ?ナイ…

首輪にマイクロチップを…

個体識別登録を目的にしている以上、すり替え取り間違えが起こりうる方法では、マイクロチップ自体の存在が無意味になります。

悪意を持った第三者に盗難された場合、マイクロチップ入りの首輪では、はずして捨ててしまえばオシマイ… 自分の家族である証明ができないです。

無責任な遺棄抑制の効果もなくなります。

身体に埋め込むなんてかわいそう!

そうおっしゃる方は、首輪をつけたまま、愛護センターに保護収監されているイヌ達がどれだけいるかご存知だろうか…

そして、その全てが「飼い主による遺棄犬だということ」ではナイということも…

『ある日、ほんの少しのコトで愛犬が迷子になった。

地元の警察に届けを出し、数日後には隣町で保護され、

保護主が警察にも届けておられた。

なのに、飼い主にはなんの連絡もなく、

たまたま飼い主が貼ってまわったポスターを保護主が見て、連絡…』

こんなことは本当にたくさんある…残念ながら…なことも…

  

改正遺失物法がもうすぐ施行される。警察での保護期間がなくなる…

『迷子札の外れた首輪一個で、愛護センターで迎えが来るのを震えて待っている。』

自分の大事な家族をそんな目にあわせていいですか?

  

…迷子にしちゃいけない…そんなのはダレも望んでいない…けれど、それでも起こるから、迷子がいるんだ…

話をしたり、字を書いたり、そんなことはどんなに教えたってできない。

だからね…

マイクロチップはゼッタイいや!って方は、全部の首輪に迷子札!

オデカケの時は、緩んでないかきちんとチェックお願いします。

もちろん!

マイクロチップが入ってたって、離れ離れはゼッタイダメ!

…無事保護されるとは限らないのですよ…

決して迷子にしない…その覚悟で…よろしくお願いします。

Michauhehe ちなみに… 

Michaelみっかはマイクロチップ(体温測定機能付)を入れてから、あのダイキライな検温をしなくてよくなったので、獣医さんでもゴキゲンですよ!

|

« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報-今度こそ幸せに… | トップページ | 明日は月食ですよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報-今度こそ幸せに… | トップページ | 明日は月食ですよ。 »