« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報-四七日

ブルセラ病感染犬等救援本部の第3回会議が5月28日(月)に行われるそうです。

感染犬はもういないんだけどねぇ…

みんなもう虹の橋にいっちゃったんだよ…

以前、このブログでワタシは書いた「あの子達は虹の橋には行けない…」

けどね…毎週、あの現場に届いている花の数を見てオモウ。

あのコ達は、最期に愛してくれるヒトに逢えた。

「アタマをなでて」はやれなかったかもしれないけれど、「ご飯をつくって」はやれなかったかもしれないけど…

呼ばれることもなく、なでられることもなく、庭の片隅につながれたり、ケージに入れられたまま、マイニチ眼も見ずに餌を与えられる。「世間体もあるから殺すわけにいかず、時間が解決してくれるのを待っている」そんなトコロにいる「たくさんのコ」達より、ずっとずっと愛されて逝ったのかもしれない。

まだ、ワタシのココロではきちんと理解できないままでいるけれど…

   

四・七日、大阪は雨模様。それでもきっとまた花を持って行くヒト達がいる。

ワタシは忘れない。たくさんのヒトがあのコ達の笑顔を忘れないのと同じに…

会議に出席される委員の方々にお願いです。生き残ったコ達の幸せを優先して下さい。

マスコミ関係者の方々にお願いです。「かわいそうなブランド犬」にしないで下さい。

そして、なにより…不必要な「怖い危険な犬」には決してしないで下さい。

大阪府/報道発表資料 http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/12897.html

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/topfirst.html

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

| | コメント (0)

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報-初七日

初七日の昨日、あのコ達の献花台には花があふれていました。

優しいヒトだけが苦しい想いをする、こんなコト二度と起きて欲しくない。

いくら言っても…あのこ達はもう帰って来ない。

呼んでもしっぽは揺れない。

おやつを運んでも減ることはない…

   

でも、すべてが終わったわけではない。

陰性犬を陽性犬だと偽って処分するようなことだけはしてほしくない。

検査結果は第三者立会いで確認すべきです。

元ボラさんの話では、陽性犬数頭が陰性犬といっしょに羽曳野に搬出されているという…

どうなのですか?

わざと感染させて「全頭処分する」ようなことはない…ですよね。

もちろん今、羽曳野にいるイヌ達をきちんと新しい家族の元に送り出す覚悟はできてますよね。

今いるイヌ達の画像を公開されてはいかがですか?

いずれ「引き取り先」を探すのですから、できるだけ早くイヌ達の情報を公開したほうがよいと思いますが、いかがですか?

  

みんな、忘れていないと知らせて下さい。

和泉のコ達を「苦渋の決断」で殺したからといって、「羽曳野のコ達も疑わしきは殺してしまえ」が通ると思ったら大間違いだと…

いつになったらほとぼりがさめると思ってますか?

HPを閉鎖すれば「あのイヌ達を殺したコト」が記憶からなくなるとでも思っていますか?

これ以上、コロサナイデ… お願いです。

------------------------------

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP

              http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/top.html 

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »