« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報55 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報57 »

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報56

昨日、長男が小学校から「こどもファーストデイクーポン」なるものをもらってきた。

大阪府が行っている、「こころの再生」府民運動の一環として配られたのだそうだ。

家族みんなで遊んだり、食事をしたりすることで、大人と子どもがふれあいや会話の機会づくりを応援する「こどもファーストデイ」を毎月第3土曜日に決めた…らしい。

『大人も子どもも今一度、「生命を大切にする」「思いやる」「感謝する」「努力する」「ルールやマナーを守る」など、忘れてはならない大切なことを見つめなおし、毎日の暮らしの中でできることからはじめようという「こころの再生」府民運動を展開しています。』

そう書かれています…ね…

大阪府行政担当者の方々に、もういちど聞きたいです。

「忘れてはならないこと」を忘れているのは誰でしょうか…

子ども達でしょうか? 

ほんの小さな赤ん坊の頃から、母親達が一生懸命教えてきたその「忘れてはならないこと」を身勝手な理由で踏みにじっているのは…ダレでしょうか…

重要な命とそうでない命… 殺してもいい命… 

努力より…簡便な方法で奪おうとされる命…

子ども達に「和泉のイヌ達を殺さねばならない理由」をきちんと説明することができますか?納得させることができますか?

私にはできません。

多くの命を救うなんの努力もしない大阪府が、子ども達へのご機嫌取りのように「食事をする・遊ぶ割引券」を配布することが、どうして「こころの再生」になるのか、私にはわかりません。

    

病気のイヌの数が多いから… (引き取り手がいても)オトナがアテにならないかもしれないから… 信用できないよね… 自分ちのイヌじゃないなら黙ってて… 面倒だから… おじさん達怒られるのを嫌いだから… 責任とるなんて私イヤだから…

「忘れてはならないコト」ってなんでしたっけ…

声を届けて下さい。

命を大事にして下さい。イヌにもヒトにも思いやって下さい。

与えられた命に使命に感謝をして下さい。

助ける努力をして下さい。

動物愛護のルールを守って下さい。

「あかんもんはあかんとはっきり叱って」下さい。

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP

              http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/top.html 

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

|

« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報55 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報57 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報55 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報57 »