« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報52 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報54 »

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報53

先週、生きていれば77回目の父の誕生日だった。

10年の被介護期間を経て亡くなった父は、晩年よく「早く死にたい…」とつぶやいた。

「つぶやき」は不平、不満…若い頃の私はそう思っていた。

けれど父の「つぶやき」は不満ではあるが「自分の動かない身体への自分の不甲斐なさへの不満」だと気がついた。

「早く死にたい…」のコトバには「家族に苦労をさせたくない」という気持ちがあった。

そしてそれは「皆と楽しく暮らしたい」という想いだった。

けれどその願いは叶わないと、叶えようとすれば家族が苦労をするのだと、最期のときまで「家族を守ろう」とする父の気持ちが「早く…」のコトバだった。

亡くなる数日前、入院中の父と「今度のたま(仮名・当時2歳)のお誕生日までに一時退院でもいいから、うちに帰ろう!」と話した時、いつもなら「気を使わんでいい…」という父が「そうやなぁ…帰りたいなぁ…」と小さい声で言った。

そして…その誕生日の10日前、父は亡くなりました。

   

    

先代犬柴・次郎を医師の再三の勧めを断り、安楽死させなかったことを、20年間ずっと考えていた。辛かっただろうか…ワタシの選択は間違っていたろうか…

「死を選ぶ自由」は自由でいいのだろうか…  

けれど最期の数日の次郎とワタシの時間は、辛い記憶だけれどワタシの宝物でもある。

  

だれしもが「心身ともに健康で快適な生活」をしたい、しかしそれが叶わない、まして愛するものに苦痛を強いるのなら…と「死を選ぶ自由を求める」のではないだろうか…

介護のありようは人それぞれ、だから必ず皆がそう感じるとは思わない。

もっと厳しい家族の関係も見てきた。現実は甘くはないとも思った。

けれどワタシには「一緒いることの大変さよりも、共にいられなくなる苦痛の方が耐えがたい」と思った。

一緒にいられるのはホンの数年十数年。

一緒にいられなくなるのは長く永い時間なのだから…

  

「死」は必ず来ます。誰にも等しくです。急がなくても必ず。命生きられる間に死を選ばずとも…

 

和泉の山の中で、羽曳野のテントの中で、助けの手を待つあのイヌ達に「家族と生きる」時間をホンの数年の時間を与えることはできないでしょうか。

まだ、彼らに与えられた命の返却期限はきていないと思います。

もうすぐ審尋が始まります…

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/topfirst.html

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

|

« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報52 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報54 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報52 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報54 »