« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報47 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報49 »

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報48

行政担当者の皆様、救援本部委員の皆様…

府内某所へ移動された陰性犬はどうしてますか?

救援本部のHPにイヌたちの写真を載せるときは、個体識別番号や陰性・陽性の別を記載した方がよいと思います。

せっかく写真を更新しても、それじゃわかり難いです。

「管理観察記録のとり方」は学生の頃に習いましたよね?

HP管理の手間をかけているのに、見ているヒトに伝わらないのはもったいないです。

不明確な情報はみんなの不信を助長します、ましてこのような状況であれば、やましい所がないならなお更、疑惑を感じさせないための細心の注意を払うべきだと思います。

移動頭数と移動内容に疑惑をもたれている以上、陰性・陽性全頭の画像を公開すべきだと思います。

たいへんですか?できませんか?

でも、毎日「おかしい?おかしい?」とかかってくる電話やFAXの対応をする方が大変なのではないですか?

    

一昨日のワタシの勝手な推察…

ひとつ法律に触れないものを思いついた…

元々の持ち主に返却した… ありえないですよね…

陰性犬であれば、繁殖用に使うルートへの売買も可能かも…

チワワやホワイトテリア… 麻酔で眠らせていれば、小さな入れ物で持ち出せないサイズではないだろうな…

商売になりそうな陰性犬を返却することを交換条件に、所有権を譲渡…とか…

まさか…ですよね…

陰性のイヌ達がまた繁殖用に使われるようなことはないですね?

移動された陰性犬達は、マイクロチップ・避妊・去勢処置後の譲渡ですね?

これ以上、あのコ達に過酷な運命を背負わせたりはしないですね?

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/topfirst.html

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

|

« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報47 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報49 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報47 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報49 »