« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報37 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報39 »

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報38

本日、ブルセラ犬救命チームが太田房江大阪府知事と救援本部長を刑事告発するという…

  

争いは何も生まないです。

お互いを思いやる気持ちを持って話し合わなければ、どんなに良い解決法に見えても禍根を残します。

みんなが知りたいのは、どちらが正しいかではなく、正しい情報です。

「安全」なのなら現状「殺処分やむなし」と言われる方も考えられるでしょう。

もしやはり「危険」なのなら… 仕方がない…そういう方も増えるでしょう。

裁判というカタチで、情報をあぶりだす方法もあると思います。

けれど…

  

行政の担当者の方々、救援本部の委員の方々、ブルセラ犬救命チームの方々にお願いです。

戦うのは「感染症」とです。陰性のコ達も陽性のコ達も苦しんでいます。

犬達に向って下さい。あの犬達のことを考えて下さい。

どんなに正しい意見に見えたとしても、ヒトの気持ちを踏みにじってそれでいいってことはありません。

そして、その意見はどんな方位から見ても、本当に正しいと言えるでしょうか?

よく考えて下さい。本当によく考えて…でも、時間はありません。

あのコ達の中には、仔犬もいますが、殆どは中年です。出産を経験しています。長い期間争っている時間はありません。

あのコ達を100年間、保護追跡治療して下さいとは誰も言っていません。

たった10年ほどです。きちんと天寿を終えられるその日まで。

  

今から10年前、1997年私達はナニをしていたでしょう。

日本海でタンカーが座礁し流出した重油をボランティアみんなで掻き出してた年です。

香港が中国に返還された年です。

大阪ドーム(現・京セラドーム)や名古屋ドームができた年です。

たまごっちが流行ってました。山一証券が倒産しました。

もののけ姫がロードショー公開されました。

その頃自分が何をしていたか…きっとみんな思い出せると思います。

それくらいの時間です。そんなに長いでしょうか…

  

もう一度、考えて下さい。

あのコ達に暖かい手を、新しい名前を与えることはできませんか?

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/topfirst.html

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

|

« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報37 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報39 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報37 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報39 »