« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報17 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報19 »

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報18

救命嘆願のための署名が始まっています。

詳しくは、「和泉ブルセラ犬救済ボランティアネット」「guestbook」で。

救援本部の安易な結論には、到底納得できない。

これからまたこんなことが起るたびに、「殺処分」でうやむやにされてしまうのではないでしょうか?

  

処分されるのは「イノチ」です。おもちゃではありません。生きています。

今日この時も「シッポを振り、お水を喜んで飲み、アソンでとヒトの動きを追う」そんなドコにでもいるワンコ達です。

本部の方にお伺いしたいです。なぜきちんとした治療もせず処分ですか?

陰性犬だけでも助かると、みんなに思わせていませんか?

陰性犬も継続検査でどんどんフルイにかけて減数していって、「最後はどのコもいなくなった」ですか?

でたらめなことしたら、あかんで!

みんな見てるよ!

シロウトなんか、だませる、ごまかせると思ってるなら、大きな間違いです!

  

アキラメないです。行政に本部に声を届けて下さい!

「全頭救出」目指してください、お願いです!

大阪府庁:報道発表資料

2月5日(月)  http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11992.html

    第二回ブルセラ病感染犬等救援本部会議の開催について(2/7 14:30~開催)

1月22日(月)http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11835.html

1月18日(木)http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11822.html 

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/topfirst.html

1/23の議事録(本部HPに移動されてます)http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/01.23gijiroku.pdf

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

wanlifeさんの活動は、このレスキューだけではありません。支援物資・救援義捐金はそのほかの愛護活動全般にも使われることを、ご理解ご承知の上で送金送付を願います。<(__)>  

このブログはwanlifeさん及び支援者の方とは一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売はやめてください。安易な購入が安易な繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

|

« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報17 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報19 »

コメント

みっかまま、署名のPDFファイルはありますか?
あったら送って下さい!あ、送り先も教えて下さい!!

投稿: 凛ママ | 2007年2月 8日 (木) 午後 09時58分

〝署名、署名!〟って慌ててました~(苦)

和泉ブルセラ犬救済ボランティアネットで直メールしましたので大丈夫です!

投稿: 凛ママ | 2007年2月 8日 (木) 午後 10時16分

みっかままさん、おはようございます。
私も依頼メール出しましたが
先方もご混乱されているのでは?と心配してます。
もしかして、すでにお持ちですか?

うやむやな勢いのままで「決定」されてしまうのは
イヤです。

投稿: リコ | 2007年2月 9日 (金) 午前 04時37分

凛ちゃんのママ! リコさん! ようこそデス!
会議の「安易なコトバアソビ」でごまかされてしまうのはイヤだ!きちんと考えてほしいと思っています。
アキラメないで、冷静にそれぞれデキルコトをしよう!

投稿: みっかまま | 2007年2月 9日 (金) 午前 10時39分

今回の件、納得できません。
あきらめられません。
まだまだ命を救うためにできることがあると思います。

投稿: ココママ | 2007年2月 9日 (金) 午後 10時15分

署名を郵送しました。
締め切りに間に合うと思います。
署名をしてくださった70・80代の方が「鳥インフルエンザの鳥も繁殖の犬も役に立たなくなったら殺されてしまうのなら、私ももうおばあでなんの役にも立ってないのにね」とおっしゃっていました。

役に立つとか立たないとかは、誰を基準に考えられているのでしょうかね。

この世に無駄な存在はないと思います。
高齢者も障害者も子どもも大人も、もちろん動物だって
この世に無駄な命はないと思います。
奪ってよい命はないと思います。
自分に置き換えて考えてみてください。
今は元気なあなただって、老いていくのです。今は仕事ができるあなただって、いつかは働けなくなっていくの
です。働けなくなって役に立たなくなったら、、、。
自分のこととして、真剣に考えてみてください。

投稿: ココママ | 2007年2月 9日 (金) 午後 10時39分

ココちゃんのママさん ようこそデス!
無駄な命はないとワタシも思います。
命の要不要を判断したり、命に値段をつけるようなやり方は人間の傲慢だと思います。
「食べるために殺す」は生き物の掟です。それを否定するつもりはありません。
ただ植物のでも動物のでも命を頂いて生きている身体である限り、できる限り他の命を尊重していたいと思うだけです。
まだ出来る事があるはずなら、やってみてほしいと思うのです。
冷静にワタシ達にできることを続けましょう。

投稿: みっかまま | 2007年2月10日 (土) 午前 09時43分

みっかままさん、ありがとうございます。
私たち大人が、弱い立場の動物達の命を慈しみ、大切にする姿勢をみせることが、子どもたちに命の大切さを教えることになると思います。私は教員免許と保育士免許ももっていて、すぐに子どもたちのことも心配になります。いくら子ども達に命を大切にしなさいと言っても、
大人が病気や弱い立場の動物達を守れないなら、子ども達は、そんな言うことと行動の伴わない大人のことを軽蔑すると思います。いじめもなくならないでしょう。自殺もへらないでしょう。介護拒否や虐待も、、、。すべてつながってくると思います。根っこは同じだからです
もっと真剣に命を守ることを考えていかないといけないと思います。

大人として弱い立場の動物達も、病気や障害を抱えながら一生懸命に生きているものも、ひとりひとりの子ども達も、みな大切な命であるから弱いものをいじめることは許せないことだと教えていきたいです。そのためにも
子ども達から「大人は言っていることとやっていることは違うよな」といわれないようにしなくてはいけないと
思います。みんなでできることを出し合ってがんばりましょうよ!!フアイト!

投稿: ココママ | 2007年2月10日 (土) 午前 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報17 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報19 »