« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報30 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報32 »

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報31

明日2月27日、陽性犬の殺処分が行われるという情報が流れているそうです。

排菌が止まったかどうか調べられたのですか?なんの為の投薬だったのですか?

目くらまし、時間稼ぎだったのでしょうか?

陽性犬処分の決定が出て3週間です。予定通りですか?

「感染症の陽性犬処分は当たり前」そう思われた方、ご自分ちのワンコの血液検査はお済みですか?

「うちのコは関係ない。だってこのコは特別」って言いますか? そうでしょうか?

怖い怖い病気で、他の患畜への感染がシンパイされるから、動物病院への搬送入院すらできないそうですよ。ヒトに伝染するから敷地からだって出られないんです。だって、大阪府救援本部がそう言ってますから、そうなんでしょう。

  

他の犬・ヒトに伝染させたら、民事訴訟の対象になるそうですよ。議事録にそう記載されてます。

でももし、誰かに感染ったとして、どのコが感染源かわかるんですかね?

ブルセラ症の感染犬は和泉のコ達だけじゃないですもんね。

もし感染者(犬)の近隣にブルセラ症のコがいたとして、そのコ以外には他にゼッタイブルセラ症のコがいないとかって証明できるんでしょうか?

近くに保菌してる野犬がいるかもしれないですよね。野犬には数%の感染犬がいるんでしょ?尿などでも伝染るんでしょ?議事録にはそう書いてますよね。

発症したそのコが、仔犬の時からモトモト保菌者だったって可能性は絶対ゼロですか?ワカラナイですよね?

で、もしジブンちのコが陽性で、ヨソのコも陽性だったとして、どっちが先ってわかるんですか?どうやって証明して訴訟するんでしょうね。結局どっちが先かワカンナイから、「仕方ない両方処分・苦渋の選択」ですか?

犬飼ってる方々!そんなことでいいんですか?こんな前例作ったら、そうなっちゃいますよ!

「治らない病気だし、伝染が危険だから安楽死させましょう。大阪府もそうしてたし…」それでいいんですか?

     

もちろん救援本部委員の方々で、お宅に犬を飼っておられる方々は検査お済みですよね。

当然ですよね。もし、済んでなかったとしても、これから早急にされるんでしょ?

もし、委員の方々の愛犬だったとしても、 「陽性だったら処分」されるんですよね。「感染犬は処分が妥当」なのでしょう?

経済動物ではなく家庭動物だから…ですか?でも、怖いんでしょ?敷地内から外に出すなんて絶対ムリなんでしょ?

そもそもブルセラ症っていうのは、「経済動物だと危険」で、「家庭動物だと安全」な感染症なんですか?変わった病気ですね!

もし自分ちの犬に陽性反応が出たら…そうなったらあなた達も「うちのコは何にもワルイコトしてません!殺さないで!」そう言われるんじゃないでしょうか?

あのコ達もそうなんです。ワルイコトなんかしてません。だから殺さないで!

まだ可能性があるなら、治療してほしいんです。

できることがまだあるうちに殺そうとするのはどうしてですか。

声を届けて下さい!みんなが見てるって知らせて下さい。

動物虐待を府政が推進するなんて許されない!早く気がついて下さい!

   

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/topfirst.html

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

|

« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報30 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報32 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報30 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報32 »