« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報28 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報30 »

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報29

「またたび獣医師団ブルセラ犬救命チーム」が大阪府知事に対し、公開要請書を提出したそうだ。

①またたび獣医師団の治療受け入れ・②ボランティア受け入れの再開・③全犬の治療管理・④所有権確定までの「処分」執行延期・⑤救命チームの救援本部参加を要望している。

本文は「またたび獣医師団大阪ブルセラ犬Brucella canis救命チーム」ブログで読んで下さい。

大阪府の早急な対応が望まれます。

救援本部の皆さん、みんな見てるよ。コトがどんどん大きくなってるよ。ダイジョウブですか?

それこそ委員の方達の面子の立つうちに「処分撤回」または「再検討」を決断した方がいいと思います。

ボランティアの受け入れ再開。早急にすべきです。

毎日のように交通の便のよくない場所に、寒い時期に懸命に「あなた達の(そう主張されてるんですよね)」犬達の世話をしに通っていたヒトに対してあまりに失礼な態度です

委員の方は一度でもケージの掃除しましたか?ちゃんと犬達にあいましたか?彼女達は犬達の個体識別できますよ。あなたはできますか?

自分の犬の世話はフツウ自分でするのですよ。散歩中にもしウンチしてしまったら、拾って持って帰るのです。

もちろんマナー違反をする方もいますが… もしかして、そうですか?

大人気ないです。再開される時も「入っていいよ」ではなく、「これまでありがとうございます。これからもよろしくお願いします」と頭下げるべきです。礼儀です。お父さんお母さんにそう教わりませんでしたか?

「オマエは頭がいいから、他のヒトに頭なんか下げなくていい」と教わりましたか?ちがうと思います。

救援本部に参加しておられる某団体がHPで掲載している数年前の静岡で集団発生したブルセラ症に関する記事は、何を言いたいのでしょうか?

<<衛生管理して陽性犬の継続投薬治療を指導した>>と書いてあります。

救命の可能性を述べておられるのでしょうか?

だとしたら、どうして「殺処分決定」に異議を申し立てられないのでしょうか?

静岡の行政指導は「治療」で、大阪は「殺処分」…ですか…

減数を待ってるなら間違いです。少しでも早く対応しないと、取り返しがつかないです。

行政が主導権を持ちたいなら尚の事、一刻も早く「処分決定撤回」「再検討」の決定をしてください。

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/topfirst.html

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

このブログは、ブルセラ犬救命チームのいずれの団体とも支援者の方とも一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

|

« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報28 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報30 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報28 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報30 »