« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報22 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報24 »

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報23

以前、むのたけじ氏のコトバが好きですと書いたとき、本が見つからなくて正しく書けなかったのですが、やっと探し当てました。

以下の文章です。

「北風の中に春の足音の近づきを聞きわける、そんな耳をもちたい。

美女の舞踊に骸骨の動きを見定める、そんな目をもちたい。

われを失うほどの窮地におかれても「はい」と「いいえ」は決してまちがえて発音しない、そんな口をもちたい。」(詞集たいまつ まなぶ草より)

中学生のワタシはこのコトバに感銘を受け、「そうなりたい、そういう大人になりたい」と思ったのですが、今もそう思い続けて生きています。本当に難しいことだと思います。

「考える、とはなにかを考えましたか。

簡易な国語辞典だって、情意にわたる「思う」と、知的な働きである「考える」とを区別しています。

「考える」の原意は「問いただす」であり、その内容は「あれやこれやとおもいをめぐらす。新たなものをくふうする。考察する。」であると説明しています。

私たちは目的なしに漠然と考えることはできません。考えて目的をつかむのではなく、目的があるから考えるのです。

思考をふくむ全体験の集中と爆発の中で、私たちは目的をつかんでいくのです」(詞集たいまつ すすむ草より)

ワタシ達は、処分の執行を待つあのコ達のことを本当に「考えた」でしょうか?

行政・救援本部委員の方にお伺いします。あなた達はいかがでしょうか?

みんなで「考えて」下さい。あのコ達の生きる術はないですか?

安易な処分を思いとどまって下さい。「全頭治療」続けてください!

大阪府庁:報道発表資料

2月5日(月)  http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11992.html

    第二回ブルセラ病感染犬等救援本部会議の開催について(2/7 14:30~開催)

1月22日(月)http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11835.html

1月18日(木)http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11822.html 

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/topfirst.html

1/23の議事録(本部HPに移動されてます)http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/01.23gijiroku.pdf

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

wanlifeさんの活動は、このレスキューだけではありません。支援物資・救援義捐金はそのほかの愛護活動全般にも使われることを、ご理解ご承知の上で送金送付を願います。<(__)>  

このブログはwanlifeさん及び支援者の方とは一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が乱繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

|

« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報22 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報22 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報24 »