« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報21 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報23 »

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報22

感染犬の画像がたくさん現場ボランティアさんのブログに掲載されている。

あなたの家にいるコと似たイヌはいませんか?

あのケージにいるのは、もしかしたらあなたの家のコのママかもしれないです。

あなたの家にいるコのイモウト達ではないですか?

繁殖犬だったコ達ですから、必ずと言っていいほどドコカにコドモ達がいるでしょう。

あそこで生まれて、まだ小さいままの処分を待っている仔犬達の兄弟や姉妹もきっとドコカにいるでしょう。

   

たまたまあの場所で発生した病気、時期が違えば、タイミングが違えば、…

もしかしたら、ケージの中で処分の執行を待つのは、ワタシ達の大事な家族のこのコかもしれなかった。

いつもドッグランで会う愉しいあのコかもしれなかった。

毎朝サンポで逢う、愛想よしのチビちゃんかもしれなかった。

通学路・通勤路でシッポを振ってくれるあのコかもしれなかった。

   

無関心でいないで下さい。

今回、大阪が「感染犬全頭処分」の前例を作れば、今度集団発生した時は「米国で集団発生した時は…」「近年、大阪で発生したときも…」になります。

そんな前例を作ってよいのですか?

そんな例を作らなければならない病気なのでしょうか?

   

みんなで考えて下さい。ホントに殺さなければダメですか?

安易な処分を思いとどまって下さい。「全頭治療」続けてください!

大阪府庁:報道発表資料

2月5日(月)  http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11992.html

    第二回ブルセラ病感染犬等救援本部会議の開催について(2/7 14:30~開催)

1月22日(月)http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11835.html

1月18日(木)http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11822.html 

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/topfirst.html

1/23の議事録(本部HPに移動されてます)http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/01.23gijiroku.pdf

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

wanlifeさんの活動は、このレスキューだけではありません。支援物資・救援義捐金はそのほかの愛護活動全般にも使われることを、ご理解ご承知の上で送金送付を願います。<(__)>  

このブログはwanlifeさん及び支援者の方とは一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

  

生体の展示販売購入はやめてください。安易な購入が安易な繁殖を増長します。

こんなカナシイ想いはもうたくさんです。

|

« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報21 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報21 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報23 »