« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報14 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報16 »

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報15

時間がありません。今日の午後2時半から会議が始まります。

行政の方、救援本部委員の方々、ココロして下さい。

譲渡撤回を容認してワンライフさんに一任、 「本部解散!オツカレサマデシタ!」そんなこと考えてないでしょうね。

行政には責任があります。責任を全うするからこそ、執行を行う権利が発生するのです。「保護を行う救援する」と言った以上、きちんとした行動が必要です。

これから250頭余りのイヌ達の投薬や管理を一任して、アトはヨロシク!は許されません。あなた達が「放置できない感染症だから…」って言ったんでしょう?

いくらボランティアさん達が「還してくれたら、アトは自分達でやるから口出さないでねっ!」って仰ったとしても、あなた達には責任があります。

保護・治療・管理、本当にやれないですか?情報は自分の持ちネタだけでダイジョウブですか?多くの情報では、「イヌブルセラ病はヒトへの感染力は弱い」「重篤になるのは稀」とされています。動物医療に携わる方の中には「イヌブルセラ病はよくある感染症 といわれてる方もあります。ウシやウマとは違います、情報は錯綜しています。どれが正しいのか、情報の精査お済でしょうか?

まして「全頭を殺処分」してから他国の獣医学会から「処分は不適切だった」とか言われないですか?取り返しつかないですよ。

委員全員の方の名前知れ渡ってますよ。公的文書に名前載せての決定です、匿名じゃないですよ。

「自分の名に賭けて!」の結論になります。ホントにダイジョウブですか? http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/honbumeibo.pdf 

今日決めてダイジョウブですか?もっとよく話し合った方がいいと思います。

まず、あのコ達の治療を優先して下さい。話し合っている間に、治療が進む間に、解決の糸口は見えるかもしれない。情報をきちんと論理だって整理して裏づけをとって…

各人が責任持って、今日の段階で決められるコトではないと思います。失われてしまえばイノチは戻ってきません。行政への信用もです。

歩み寄って下さい。現場の話をきちんと聞いて下さい。情報を確認して下さい。そしてあのコ達が生き延びる手立てを考えて下さい。まずはそこからです。

   

「ダレが処分なんて言ったの?ちゃんと治療しますよ!ダイジョウブ、幸せになれるよ」って言って!!

     

行政に本部に、伝えて下さい! 

きちんと話し合って下さいって!

みんなが見てる って伝えて下さい!

大阪府庁:報道発表資料

2月5日(月)  http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11992.html

    第二回ブルセラ病感染犬等救援本部会議の開催について(2/7 14:30~開催)

1月22日(月)http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11835.html

1月18日(木)http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11822.html 

大阪ブルセラ病感染犬等救援本部HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/topfirst.html

1/23の議事録(本部HPに移動されてます)http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/01.23gijiroku.pdf

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

wanlifeさんの活動は、このレスキューだけではありません。支援物資・救援義捐金はそのほかの愛護活動全般にも使われることを、ご理解ご承知の上で送金送付を願います。<(__)>  

このブログはwanlifeさん及び支援者の方とは一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

|

« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報14 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報16 »

コメント

感染症は怖いから
可哀想だけど
獣医師会の決定に従います。
一般の我々は所詮、耳学問レベルだから
万が一の伝染病の蔓延についての責任を取れないもの

投稿: ゆみこ | 2007年2月 7日 (水) 午前 09時32分

ゆみこさん はじめまして?男性の方ですか? 
昨日もコメント頂いていますね、ありがとうございます。
我々は耳学問で、確かに… 
しかしながら、学術に携わる方がその学問全般に精通されているとは思いません。
現段階で「処分」決定がされたとすれば、多くの方の知識と経験を集めた上で結論を導き出されたとは到底思えません。
「キリがない…」そうかもしれません。しかし、「イノチ」にはendがあるのです。面倒がらないで頂きたいのです。

投稿: みっかまま | 2007年2月 7日 (水) 午前 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報14 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報16 »