« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報13 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報15 »

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報14

2月6日付けのワンライフさんの活動日誌に、譲渡時に受けた説明と救援本部の方針があまりに食い違うため、所有権譲渡撤回を申し入れたと書かれていました。

大阪府の行政の方、救援本部の方、それでいいのですか?

あぁ、ヤッカイごとが無くなってヨカッタ!アトはそっちで苦労してちょうだい!だって、そっちから返してってイウタやん!

そんなコト考えてるんじゃないでしょうね!!

みんな見てるよ!

カッコいいおもちゃ取り上げて遊んでみたら、お片づけがタイヘンで困っちゃった。

どうしようかな~って思ってたら、返してって言われたから、しめしめ!

返シたらエエんやろ~アトは片づけとけよ~って、言い捨てて逃げてった。

これ↑と同じ。そのうえイキモノ相手ですからね、ホントだったらコドモよりタチワルイですよ。

汚名挽回するには「ダイジョウブです!キチンと救援・保護します!任せてください!」そういうしかもうナイんですよ?

わかってます??

「えーーせやけど…」 言い訳は聞きたくナイです。 

それなら、初めからS県のように「…改善してね…」で放置してたらよかったのに…、もちろん、それもサイテーとは思いますが…ばら撒いてシランフリなワケね…って。

大阪はチガウで!って、かっこよく登場して、幕オチがソレ?ってなりますよ。

みんなで見てるからね!

大阪府の行政の英断を望みます!「ダイジョウブです!信じてください!」そう言ってください。

治療し平癒したとして、里親さんが見つかっても行政のフォローは必要だと思います。

あのコ達に逢って、そしてココロ決めて、ハラ決めて下さい。

  

行政に本部に伝えて!安易な決定は恥ずかしいですよって!

みんなが見てるって伝えて下さい!

ましてや、このまま「全頭殺処分」なんて、ダレも納得しやしませんよ!って

大阪府庁:報道発表資料

2月5日(月)  http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11992.html

    第二回ブルセラ病感染犬等救援本部会議の開催について(2/7 14:30~開催)

1月22日(月)http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11835.html

1月18日(木)http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11822.html 

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

1/23の議事録 http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/1.23gijiroku.pdf 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

wanlifeさんの活動は、このレスキューだけではありません。支援物資・救援義捐金はそのほかの愛護活動全般にも使われることを、ご理解ご承知の上で送金送付を願います。<(__)>  

このブログはwanlifeさん及び支援者の方とは一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

|

« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報13 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報15 »

コメント

今日少し送金するわ。。。ちょっとでゴメン。。。

投稿: ティティまま | 2007年2月 6日 (火) 午後 12時05分

ティティまま~ (ρ_;)
まだアキラメナイ!きっとね、あのコ達にそれぞれの
おうちが出来て、名前で呼ばれて「イイコね~」って
アタマをなでられる、そんな日が来ると思う。

これからのレスキューの見本、大阪に見せて欲しいと
思うんやケドなぁ…

ワンライフさんは、このレスキュー以外にたくさんの活動してるから、せめて行政がこのコ達のためだけでも、ガンバッテ欲しい…それだけやねんケドなぁ…
会議は明日です…

投稿: みっかまま | 2007年2月 6日 (火) 午後 12時12分

うぅ・・・・ん
相手は、感染症だからなぁ・・・
広がっても困るし、ワンも可哀想だし
コメントできないよXXX

投稿: なっち | 2007年2月 6日 (火) 午後 08時55分

なっちさん はじめまして。
感染症にもイロイロあります。
最近兵器に使われるブルセラ菌というのは、イヌが感染する種類のものではないらしいです。
イヌからヒトに感染した顕著な症例もないらしい…
情報は錯綜しています。どれが正しいのか間違っているのか…なんら議論がなされていません。
らしいというだけで、情報の整理すらも行われないまま、処分が行われるのは、いかがなものでしょう?

「疑わしきは…」の結論は、ただ人間の側の怠惰だと思います。
まずは、明日の会議できちんとした議論をしてほしいのです。
イヌに対してはもちろんですが、それが現場で寒い中ガンバッテくれているボランティアさん達に対する礼儀だとワタシは思います。

投稿: みっかまま | 2007年2月 6日 (火) 午後 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報13 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報15 »