« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報08 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報10 »

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報09

1/23に開催された「救援本部会議」の議事録が大阪府動物愛護畜産課のHPにアップされました。

第1回大阪府ブルセラ病感染犬等救援本部会議 議事録

http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/1.23gijiroku.pdf 

議会の内容がリアルにわかる内容かも…

で、ダイジョウブじゃないの~譲渡しても~な感じで始まった会議は、苦渋の決断を担当部会で行うのは…で終わったのか??

で、やっぱりこのコ達以外にい~~~っぱい「ブルセラ症」のコがいるのを見ない振りしてるんだ!

静岡県の事例ってナニ?  民間の所有物だから行政はその後を把握してないってどういうコト? 市場に出回った可能性があるって? 議事録からでは、詳しくはワカンナイですケド。

そんでも、特別に事後騒ぎにもなんにもなってないから触れずにいるケド、今回は大騒ぎになっちゃったしね~「陽性犬」は処分するしか本部的には「オトシドコロがワカラナイ」。ので、もしも身近に感染犬を発見しても黙っててね、民間のワンコ勝手に処分できないし~ ……ってことですね。

ドシロウト庶民のワタシにはわかりませんが、同じようなコトが「ドガチャガ」でスルーしたってコトデスカ?

通常でも数%は感染犬がいて特に問題になってないケド、行政母体の本部が感染源になりうるイヌの譲渡に手を貸したとアトで責任問われるのがイヤだってコトデスカ?

本部では「責任とりきれんから~私イヤですし~で、処分」って言ってるのデスカ?

最終的には「疑わしきも処分」みたいに見えるんですけどね。だと、わざわざワンコ処分しやすいように「行政」に取り上げたように思えてしまう……

いえ、議事録の最初の部分見てたら、チガウとオモウんですよ。みんな一生懸命助けようと思ってくれてたと、あのコ達にカゾク作ってあげたいと、今も思ってくれてると信じたいんです。

でないと、あのコ達にタノシイ未来はなくなっちゃうからね。

哲学なんてムツカシイコトではなくて、あのケージにいるのが「自分ちのワンコだったら…」って考えても、やっぱり「処分」を選択されるつもりなんでしょうか…

会議から約10日。全頭治療が前向きに進行していると信じています。

   

   

議事録に眼を通して下さい!アトで「カワイソウニネェ」って言ってもダメなんです!

大阪府に行政に本部に係わるヒトに知らせて下さい、よく考えて!って!

大阪府庁:報道発表資料

1月22日(月)http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11835.html

1月18日(木)http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11822.html 

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

1/23の議事録 http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/1.23gijiroku.pdf 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

wanlifeさんの活動は、このレスキューだけではありません。支援物資・救援義捐金はそのほかの愛護活動全般にも使われることを、ご理解ご承知の上で送金送付を願います。<(__)>  

このブログはwanlifeさん及び支援者の方とは一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

|

« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報08 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報08 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報10 »