« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報06 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報08 »

大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報07

「ちなみに…」 意味は「ついでに言うと…」 ってトコでしょうかね。でも、話の中で使うときは、「ちなみに…」から先に本音が見えることが多いデスよね。

いろんなトコロで「ブルセラ病」に関する記事を検索していて、救援本部に名を連ねておられる「大阪市獣医師会」のHPに、ブルセラ症に関する記載があるのを見つけました。

ページを開いて、ふんふんナルホド… 

治療法は…  え?「ちなみに…」  ドウイウコトですか?

「無断転載を禁じます」そう記載のあるHPですから、ここに記述の転載はいたしません。が!

ドウイウイミですか… 

イヌはね、増産せねばならない、家畜ではありません!牛達にブルセラ症の感染を防がねばならないこととは意味が違うと思いますよ。

大多数のイヌ達は繁殖を必要としていません。多くの獣医師先生方は、泌尿器等の疾病予防からも「家庭犬には早期の避妊去勢手術」を奨めていらっしゃると思いますが… 違いますか?

この院内掲示用と思われる(pdfファイルですしね)書面を見て、病院の来院者が「あ、じゃぁ、血液検査お願いしようかな」って思いますかね。

ワタシなら、ゼッタイしません。もしもうちのコが感染していたら、この先生「殺処分」すすめるんだ!って不信感を持つだけです。

で、ちなみに…って、ホントのトコどうなんでしょうね!!

  

この「おしらせ」ポスターをそのまま待合室に貼るような先生だったら…信じて自分ちのワンコ任せられますか?

ワタシにはできません。

もしもの時、イチバンみっかとワタシがコマッタ時は、「この先生なら助けてくれる相談に乗ってくれる」そんな先生に連れて行ってやりたいと思うからね。

     

みんなにあのコ達のこと知らせて下さい!忘れないで!見続けて下さい!

みんなが忘れられたら、あの子達に「未来」はないかもしれない。

どさくさに紛れて「決定」が下されるかもしれない。アトで言ってもダメなんです!

大阪府に行政に本部に係わるヒトに知らせて下さい、みんなが見てるよ!って!

大阪府庁:報道発表資料

1月22日(月)http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11835.html

大阪府ブルセラ病感染犬等救援本部(仮称)の設置及び会議の開催について

1月18日(木)http://www.pref.osaka.jp/fumin/html/11822.html 

イヌの「ブルセラ病」感染疑惑に係わる血液検査結果について

大阪府動物愛護畜産課HP http://www.pref.osaka.jp/doubutu/index.html 

大阪府HP http://www.pref.osaka.jp/index.html 

wanlifeさんの活動は、このレスキューだけではありません。支援物資・救援義捐金はそのほかの愛護活動全般にも使われることを、ご理解ご承知の上で送金送付を願います。<(__)>  

このブログはwanlifeさん及び支援者の方とは一切関係がありません。このブログに関するコメントはこのブログにお願い致します。

|

« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報06 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報08 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報06 | トップページ | 大阪崩壊ブリーダーレスキュー:続報08 »