« カブリモノあそびっ♪ | トップページ | 今日からぽちたまお休みデス~ »

手のリハビリ☆

ワタシσ( ̄ー ̄;;)、実は左利きデス。

「サウスポー」と呼ぶとカッコイイですケド、「ぎっちょ」と呼ばれるとナンかヤだわ(-。-;)

「ぎッちょ」って「ひだりぎっちょ」の略語で「ひだり器用」の変化したものだと聞いたコトがある。ケド…デモ…なんかヤ!

     

左手で何かすると「不思議…っ」て言われるコトが多い。

タブン鏡像のように違和感を持って見えてそれが普通に動くからヘンってコトなんだろうね。

コドモの頃から、「右手を使え~」と矯正されて、左利きのコドモ達は両手のリハビリをしてる状態で育つので、結構器用のコが多いようにも思います。手前味噌デスかね、ごみんなさい<(__)>  

デモね~それも「左利きだから…」ではなく、「努力の賜物」と言ってやってホシイ気もします。

あ、デモ、ワタシ本人は全然器用ではナイです、ごく普通だと思う(゚_゚)(。_。)(゚_゚)(。_。) ウンウン。結構早くに矯正ヤメちゃったからね(^。^;)。

それでも、自動販売機の硬貨投入口は右側にあることが多いし、自動改札は切符の投入は右側。ショルダーバッグのファスナーの引き手は最近やっと二つあるのが多くなったケド、ムカシのはタイテイ左体側に持って前方にくるようにつけてあった。缶きりは右手前に進めて使うものが多いし…ま、今も毎日リハビリだなぁ…(-。-;)

  

左手が使いやすいのにムリに右手でやれと言われるコトに、理不尽を感じてた小さい頃。

「なんで左じゃダメ?(ρ_;)」と聞くと、オトナの返事はいつも「カッコウがワルイ」だとか「お行儀がワルイ」とか「オトナになったらコマルよ」だとか…ナットクイカナイ…

それでも…自然と両方の手がある程度動く、交替で使えるようになった。

その後、日々絶え間ない努力の結果♪~( ̄ε ̄;)、左利きは直りませんでした~!

今、ペンは左、筆は右、お箸は両方・基本は右(左だと隣のヒトのジャマになるしね)、はさみは左、包丁も左で使う、編み針は両方、アトはテキトウ(^_^;)

デモね、オトナになってコマルコトはホトンドないd(-_-) 。

  

右手と左手は同じ手に見えるが、指のつき方が違う。それぞれに同じ動きでも違う。

なんでも一緒くたにしてはイケナイんだと思う。たとえ目的が同じでもやる方法がちがってアタリマエ。違うことを認めなければうまく機能しない。

違いは違いとして認識して、すりあわせていかないとイメージしてるものとズレて、右手も左手も困惑する。

左利き用の特殊な器具はホトンドのヒトが必要としない。ま、にっちもさっちもイカナイものもアルケド…(^^;)

  

父が脳内出血の後遺障害で右マヒになったとき、左手を使えるようにするのに長らく作業訓練をした。

左手と右手との使い方の違いがわからない母は、父に右手と同じに使えと言う。

父は以前のイメージで同じように動かそうとするのだが、うまくいかない。そのトレーニングを見ていたワタシは違和感を覚えた。何か違うんだけど…

例えば、スプーンをクチに運ぶのに、右利きのヒトは横から入れようとするし、左利きのヒトは前から入れようとする。当然、柄のもち方も違う。

鉛筆やハサミもそう、道具と身体の位置関係が右手と左手で違うのだ。

何気なくやってきたことだったけど、目の前のじぃじの動きでナルホドと思った。

じぃじとばぁばにそれを説明したら、合点がいった様でそれからトレーニングはワタシがでしゃばって良い事になった。

最期までお箸はニガテだったが、スプーンやフォークでホトンドこぼさず食事ができる様になった。一時期は字も書けるようになった。

それまで左利きを決してホメテくれなかった父だったが、「まぁ、それ(左利き)も役に立つコトもあったか」と笑ってくれた。たまには左利きもイイモンである。(^^;)

|

« カブリモノあそびっ♪ | トップページ | 今日からぽちたまお休みデス~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カブリモノあそびっ♪ | トップページ | 今日からぽちたまお休みデス~ »