« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

ココロに残った言葉

一昨日の朝日新聞にむのたけじ氏の記事を見つけた。

むのたけじ氏の名前を知ったのは、中学生の国語の教科書。

「生きることは学ぶこと」

学ぶことをやめれば、生きることをやめる。生きることは学ぶこと、学ぶことは育つことである。 (詩集たいまつより)

学生に勤勉を教えるために取り上げたのだろう。

でもね、むの氏の詩集を読んでいくと、全然違うことが解ってくる。

ちゃんと憶えてないのですが… 今、探したのですが原本を発掘できない…(T-T)

ワタシの本棚に「詩集たいまつ」の一巻しかナイ。ぽち~持ち出したら返してくれよ~

「北風に春の足音を聞き分ける そんな耳をもちたい 美女の舞踏に骸骨の動きを見定める そんな眼を持ちたい どんな窮状におかれても「はい」と「いいえ」だけは間違えて発音しない そんな口を持ちたい」

むのたけじ氏の詩には、お役人さん達のそんな意図にカンタンに利用されたりしないものが感じられた。

人は何をしたかによってだけでなく、何をしなかったかによっても裁かれる。

人間はパンなしには生きていけないが、しかしパンだけで生きるものでないことは、パンを食った後でわかる。

ちょうど参加していたボランティア団体に問題が起こり、活動が停滞し始めていた頃、高校受験が近づく焦りもあって、「何か」を求めていたのだと思う。

今、イロンナトコロで頑張っているヒトに送りたいコトバです。

最初は無視され、次に賞賛され、次に非難される-新しいものは大概この順序でためされる。

心がどうしようもなく疲れたら、からだを地べたに横たえてごらん。地球という大きな母親があなたをやさしく元気づけてくれる。

もしできたら、ちゃんと原文を読んで下さい。

★★★★★

20060409_024 みっか~明日から、また天気ワルイらしいで。

今日はアッタカイねんしベランダいっといでよ(^.^)b

えーーー、窓の中でヌクヌクがエエな(~o~)~

ズボラ犬(+_+)!  

まま似やねん(*^m^*) てへっ

llllll(-_-;)llllll 反論デキナイ…

| | コメント (7)

ワンコと暮すコト

20060409_016生きててくれてありがとう、みっか。

出逢えたコト、ホント感謝だね。たくさんのヒトの親切に、ホントにアリガトウだ。

イロンナコトいうヒトもいるケド、ワンコと暮す幸せは「癒し」なんてコトバでは語りつくせない。

ずっと無関心でいるつもりだったのに、今はみっかと同じイヌだと言うだけで、ニュースが気がかりで仕方ない。

ナニがどうなって、どうして… ワタシにはわかりません。

デモね、ただただワンコ達みんなが「生まれてきてヨカッタ」って思えたらいいなとダケ、それだけ。

みんな暖かい部屋で、ママやパパとクリスマスできそうかなぁ。

やんちゃして困らせてるでしょうねぇ。ママはタメイキついてない?デモ、それすらもいつか思い出になる。

先代犬の柴・次郎を送ってから、もう思い出はいらないと思っていた。思い出したくなかった。タノシイコトもみんなラストシーンは…

みっかと出逢うまで。

みっかもいつか虹の橋に行くだろう、ワタシを置いて。その時ワタシどうするかなぁ。

ずっと泣いてるんだろう、家中に忘れ物見つけては何年も泣くだろう。

今も柴犬を見て涙を流すんだものな。みっかのことを忘れることなんて絶対にない。

その時までに…

ラストシーンすらわからなくなるくらい、たくさん思い出をつくろう。

タノシイ、コマッタ、ウレシイ、ダイスキをいっぱい、いっぱいに!

20060409_017みっかを遺棄したヒトに!!

ありがとう!あなたが放棄したイヌは、我が家の家族として幸せになります。

みんなが彼を必要とし、彼はここにいるべき家族のヒトリだと確信しました。

もう引き取りに来るとも思わないケド、来てもあなたに渡したりしない。

これから先、もしもみっかが歩けなくなっても、ワタシ達は諦めたりしない。

ワタシ達はみっかが虹の橋に逝くその日まで、ずっと一緒にいる!

そして、いつか虹の橋で再会して、またずっと楽しく暮すんだ。

★★★★★

みっか~(T-T)  どしたの?まま(・_・)

ナンデモないYO(。_+) ケド、ずっとイッショにおろなぁ~

アッタリマエやん、イマサラ、ナぁ~ニいうてん?(-。-;) 

そーね。(ρoT)へへへ  

オヤツのジカンデスケド(・o・ )? はいはい('-'*)

| | コメント (4)

安売りのミシン~

今朝の新聞折込にミシンの広告。マダ、あの店やってるんや(-_-x)

  

今から10年以上前、じぃとばぁがフタリ暮らしだった頃のこと、「工業用ミシンの調整500円に惹かれて」&「居間でぼちぼち使える小さいミシンもイイかも」って、ばぁがデンワした。

先方は「すぐ持って行きます(^^)」と言ったらしいが、その日たまたまワタシと出かける約束があったので、 「都合のよい日を連絡します」とばぁばはデンワをきった。

ふーん?それどのヘン?近いやん、直接見に行ったら?

で、アポナシで直に「●●ミシン商会」に行ってみた。結構大きなビルの一階にショールームを作っていて、ウィンドウにはミシンが何台もならんでいる。

「あのー広告みてきたんですけど~」

話してるうちに、なんとなく不審な感じ… 広告に出ていた「有名メーカー高級ミシン…格安」は在庫がショールームにないので、後日配達するとのこと。??

「では、お支払いしときます」  「いや~、商品引き換えでないと~」 

「工場から直送ですか?」 「いえいえ、ミシンの調整の時に一緒にお持ちします」 

「??」 「取り扱いも説明しないと~」

「あ、いえ、このミシンでしたら、ワタシのと同じなのでダイジョウブです」

「あ、そういうワケには…」  「??」

そして配達日… 仕事場にばぁばからデンワ…

「あのな~、今、来てはるねんケドな~クレジットでミシン買えって言われてるねん。」

「なんで?一万円デショ?!」

「一万円のはチャチやからすぐ壊れるからって、15万円のミシン持って来て、見せてくれてはんねん」

ヤラレタ…

「ムスメにオコラレルから、両方持って帰れ!って言い!」

しばらく保留音

「あかんて言わはる…」

「替わって!」

業者「せっかく持ってきましたのに~」

こちらからの依頼で来てるから、訪問販売ではないし~とかヌカシヤガル!

「とりあえず購入の意志がナイとお伝えしているのに、ご退去頂けないのでしたら、この場から警察に連絡させて頂きます(~o~)」

業者「わかったわ!ボケ(▼▼)!!ガチャン!」

すぐかけなおすも鳴らない。受話器を外されているらしい。

あーもーどぉしよう!!!!( ̄□ ̄;)

数分後、やっとつながった電話で、状況がわかった。

ワタシに悪態をついた後、手のひらを返したように、ばぁばに「持ってきた分の代金をさっさと払え!」と言い、彼が言うトコロの「ちゃっちなミシン」の取り扱い説明も、工業用ミシンの調整もせず、帰って行ったのだそうだ。

あとで伝票をチェックしてみたら、ミシンの調整料500円と配送料1000円がきっちり加算されていた。

まぁ、1500円ですんだらエエ勉強やんとばぁばを慰めつつも、こういう商売であんなに大きなビル構えてるのかと思うは業腹煮える思いデシタ。

もちろん「●●ミシン商会」には苦情を申し入れましたが、社外配送員が勝手にしたことで当社には関係ない」の一点張り。消費者センターでは、「あぁ、その被害ね、多いんです~ 大きな被害なくてよかったですね」 「…ソウだけどさ(-"- )…」

年寄り狙って商売するヤカラはアトを絶たない!そういうヤツらは必ず「だまされる方がワルイ」という。

確かに自己防衛はダイジだと思うケド、でもな!どんな場合でもまず「だますヤツが一番ワルイに決まってるだろ!ぼけぃ!」とオモイマス。

   

というコトデ!似たような商売は全国各地にあるみたいデス!ご注意ください!!!!

★★★★★

で、結局ままは、ばぁとオンナジのミシンをナンボで買ったワケ(・m・ )?

え…( ̄∇ ̄; !! 定価近くで衝動買いしたし…

なんかね~ そのヘンもアリソウなんやケドな~(⌒ー⌒)

…ブツブツ… 高かったのにな~3倍くらいしたのに…(--;)

ぷぷ、ちゃち!ってイワレたから、イカリバイゾウ?Ψ(`∀´)Ψウケケ

ウルサイ!なんせ、あかんもんはアカンのや~(~o~)

| | コメント (6)

♪ぎゅう〜ぎゅう☆

♪ぎゅう〜ぎゅう☆

ぞ~ぉさんがワスレテいったオオキナオオキナ帽子♪

って童謡知ってます? 

コレ、みっかの新しいベッドなんですが、

ぎゅう~ぎゅう♪デス。 本犬、えらく気に入ってるみたい^^。

♪ぎゅう〜ぎゅう☆

そして、ベッドのオマケについてたホネ型クッション。

アタラシイオモチャがダイスキなみっか坊っちゃんのお気に召した模様。

おマヌケな顔してクワエテ、お部屋をあっちへウロウロこっちへウロウロ。

ダイジなモノはこっそり隠しておきたいらしいデス(^^;)

| | コメント (4)

ぽちとカイモノ

今日のキブンは月曜日なんデスけどね。明日はまた学校休みだな~。

週休二日だった頃がナツカシイです。

昨日の午前中、ぽち(仮名・小4)のGパンを買いに行きました。夏の間に急に背が伸びて、今のGパンはみんなくるぶしが丸見えつんつるてん…Ψ(`∀´)Ψウケケ かっちょわりー

どーせ半年しかモタナイんだから、いいのよお安いノデ。てなワケでクルマで10分の「カル●ール」に2人で行ったのデス。

ここは「セール1000円!」のパンツでも「スソ上げ無料」がウレシイ。

短足ダンナの遺伝子(ダンナ読んでないだろうなキョロキョロ"((_- )( -_))")を色濃く受け継いでるぽちは、これまでスソ直しをせずに買えたためしがない。

コドモ用のパンツは折って穿けばいいじゃんと思うd(-_-) デショ?

なのに、最近のぽち「折ると足が短く見えるからヤ(・o・)!」なんだとさ。

「見えるんじゃねーよ、短いんだ(-"- )」

ともあれ、そんなこんなで買いに行った店先で「コレはラインが~」とか「色がな~」とかオシャレぶってんじゃない。

早く着なさい、スソ直してもらうの時間かかるんだから(・_*)\ペチ!

とフィッテングに追いやる。

「着たデ~(^^)v」 「アレ?ぴったりL(・o・)」…」

145cmの身長で140サイズのパンツがぴったりなんだから、そんでも足は短いんだけどね(^_^;)。

大きくなったんだな~待ち時間にちょっとぽちとフタリでお茶でも飲むかと思ってた、ハハはアテが外れてちょっとザンネン(・-・) 。

  

Gパン2本、冬用シャカパン2本購入して帰るクルマの中で、「タベモノ限定」とか「ノンストップ3秒ルール」とか、くだらないシリトリしながら…「あと何回いっしょに服買いに来れるかナァ」ってシミジミしてたワタシです。

★★★★★

な~ぽちって足ミジカイもんな~Ψ(`∀´)Ψウケケ

え、みっか… llllll(-_-;)llllll 

ナニ?(・。・)   ううん、ナンデモナイ…(・m・ )クス 

ナニよ~ きームカつく~\(`0´)/

| | コメント (6)

オチツクねん(*^o^*)

オチツクねん(*^o^*)

雨ふらへんし、夕方ランイッテん。

すんごいすいててな。イッパイはしったわo(^o^)o

ハジメて、カートのってオデカケやったし、キョウはちょっとツカレタわ

こういうときはナンヤせまいトコが落ち着くねん。

なんでやねんろなぁ (-_ゞ ゴシゴシ

| | コメント (0)

来年もガンバリますよ~

エネルギー供給会社のCMで「エコ××」が叫ばれる、エコロジーのエコなのだって。

でもCMの内容聞いてると「安いですよ」「お手入れが簡単です」ばかり強調されてるように思う。

「今よりオトク!だからどんどん使って!」「???」

エコロジーはドコ?エコノミーのマチガイじゃねーの?「生活の便利は今までと同じ」で「環境にもよくて」その上「家計にオトク」。そんだけならまだわかるんだけどね…

フベンやメンドーも少しガマンして、イロンナモノ使うの少し考えよう。みんなでイタミ分け合って、地球のイタミを軽くしよう。それがニンゲンが自然の仲間として、地球の環境を考えるってコト・エコロジーだと思うケド… ねぇ…

 

ムカシ、ちびっ子キャンプのお手伝いをしてた時、参加児童の親御さんから恒例のキャンプファイアーにクレームがついたことがあった。

催事の次第そのものにクレームがついたのではナイ。「コドモ達が火の側にいるのはアブナイ」って。

その時の代表の意見覚えてる。「火はアブナイです。ヤケドするかもしれないし…でも、絵でかいた火でキケンを覚えることはできないです。実際”火の側はアッタカイ、ここまで近づくと熱い。”そう知らないと危険は避けられないですよ」そんなコトだった。

そんときの親御さんのコドモが参加したのかどうか、ワタシは覚えていない。

当時の他の親たちは、そういうクレーム自体を苦笑してやりすごしてた。今だったら…

最近、電力会社の「火がない台所は安全」を聞くたび、「緊張感のない生活をコドモに教えることのキケン性」が気になって仕方がない。

 

ホンの数十年でコドモ達の周りから日常の刃物が消えた。キケンなオモチャが消えた。それらはもっとタチのワルイモノとなって、コドモ達の後に見え隠れしている。

コドモを囲い込んで安全な放牧地を作る。そんでオトナになったら、無法地区へイキナリ放り出す。

で、ヨソの先駆者達は「オトナとしての自覚が云々」だって、昨日までパパママの管理する「放牧場にいた」んだから…

アブナイ…ムカシと違って今の世の中はホンキでアブナイ…ダケド、オトナになるまでにその「アブナイ」を感じ取る五感を鍛えてやらないと、ホントにアブナイのはそれからなんだから…

親の都合で「安心」「安全」を安く見積もりすぎてないか。

簡便な「安心」でコドモ達の未来が守られるのはホンの一時。ジブン達が年老いて、彼らにそのコドモ達に引き継がれるとき「それがあなたのためだと思ったのに…」と呟かなくていいように、親が「安全を考える」のと同時進行でコドモ達にリアルな「キケンを察知すること」を教えていかないと。

  

わがコ以外に声をかけると不審者扱いされる今日この頃、また来年度も地域の子供たちのお世話を仰せつかることになった。

ダンジリトレが今年も続くかと思うと憂鬱だが、コドモ達と話す機会が増えるのは感謝だなぁ。

また、今年も「コワイオバちゃんはガンバルで~、コドモ達!カクゴしておきなさい!」

★★★★★

Michachirorin_3 まま、またトレーニングするの…( -_-)

そ!ガンバロねっ!(^ー^)

実はダンジリすきナンちゃうん(ーー)

それはナイな~(^^;)

ま、またちびっ子タチ追いかけてはしるのもオモロイしな。(´ー`)┌つきおうたるわ!

うん!ヨロシクね!v(=∩_∩=)

| | コメント (2)

まぁ、タイテイはコンナ感じ…

20060409_021_1あのね、みっかさん(-_-メ)。

まま、さっき、ホンの10分前に

お掃除終わったばっかりナンだけど

コレ…なぁに…(怒)

粉々…バラバラ…(T-T)

それもゴテイネイにカーペットの上で…

 20060409_022 

…ゴメンナサイ…

えっとね…(^-^;

かごの中にカイジュウがおって、

ままがケガしたらあかんかな~って

オモッテ、やっつけてん♪~( ̄ε ̄;)…

ふーん…あ、そう…( -_-)

20060409_023 それは、アリガトウ……

あーボク、オヒルネしとこかな。

らいおんくーん。ネンネするで~

ぬくいなぁ~(^-^;

……… (;¬_¬) アヤシイ

ナンデよ~ボクはエエコやし~

      20060409  

みっかさん…ソレ、ナニ?

え…っと~、さっきのカイジュウが~

らいおんくんのハナをな~

やかまし! (・_*)\(--;) 

ごめんちゃい(^.^)b  マッタクも~(>_<")

| | コメント (2)

アッタカイね♪

アッタカイね♪

雨の月曜日がスキです。

今日は肌寒いからねって、みっかとモウフに入ってる。

アッタカイね〜ウレシイね。

ずっと一緒にいようね♪

| | コメント (4)

コドモってやつぁ~

タイテイ、コドモが熱を出すのは夕方~夜中。

「熱?んじゃ、ちょっくらお医者さんに~」は言いにくい時間帯。それと休日。

もいっこ多いのがイベントデー。旅行やオデカケはモチロン

ワタシが会社員だった頃は、出張や遠方への社用外出日も…(T-T)

何度、見知らぬオジサンに亡くなっていただいたことやら…(時効だからユルシテね(ー人ー))

ぽち(仮名小4)はチビの頃、急な発熱嘔吐の常習犯で、帰省のたびにダンナの実家で熱を出し、愛知県某市の市民病院のツウになってたし、旅行でも当日の朝、泣く泣く「100%のキャンセル料を了承」する電話をかけたこともある。

たま(仮名年中)が生まれる前の最後の旅行は、じぃじが倒れてキャンセルになっちゃったんだけどね…

今より時間的余裕があったぽちの幼児期、ぽち「おねつです(ρ_;)」で何度もキャンセルした旅行。

ぽちがジョウブになった頃には、たまはアカンボ、じぃじぃずがW介護。たまはホント旅行に連れて行ったことがナイ。

たまは、ぽちと違ってホントジョウブなんだけどねぇ。ごめんよ。

  

夕べ「明日大阪に行くよ~夕方会えない?」とメールをもらった。

えーーーーー!

逢いたい。逢いたいぞー!

明日と言うと金曜日。ぽちのスイミングとシゴトをなんとかすれば…

今、ワタシのお仕事をお手伝いしてもらってるのはフタリ。

ベテランで元々ワタシの指導員だったNさんに、「オルスバンオネガイ<(__)>」すればバッチリ!なんだけど、Nさんは最近ご本業が忙しい。タイヘンなの知ってるのになぁ…

んじゃWさん…ま、急だし…コドモちゃんも小さいしな、でもでも…ダメかぁ…

明日はダメみたいとメールに返信したものの、アキラメキレナイ~(ρ_;)

ぽちスイミングは自分で帰ってこさせるかなぁ。店、夕方から臨時休業するかなぁ。

週末だしマズイか~やっぱNさんにムリ言おうか~申し訳ないケド、ムリかな~デモ、ダメモトだ!ガンバって頼んでみよう!

とりあえずダンナが帰ってきたらぽちたまの取り扱いを相談してっと!p(。・_・。)q

    

そうこう考えるうちにダンナが帰ってきた。

「あのね~ぱぱ、オネガイがあるんだけどさ(^0^;)~」  「ナニ(@_@;)?」  

「まま~お口イタイねん(ρ_;)」先に寝てたたまが起きてきた…

え!こここれは|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?、口唇ヘルペス…お熱アリ…

この期に及んで伏兵参上かよ~!!!

残念です…残念です…残念です…(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)

これに懲りず誘って下さい。

ナカナカ出られませんが、そのかし出てきたらウレシクってサービス精神満載で漫才しちゃうかも~

あ、ヒカナイでね…(^。^;)

★★★★★

Michachirorin_2 まま、オデカケのツモリやったん(-"- )?

行きたかったな~(。_+)

ボクは?!またオルスバン(-。 -; )?

ちゃうよ、”いっしょに”と思ったのにな。ザンネン(^^;)。

えーーーL(・o・)」!マタ誘ってクダサイ。ボクダケデモイイです!

(゚゚;)\(--;)ムリ!

| | コメント (8)

冬が始まったんかいな~

061116_1

今日はオオサカサムイねん。

キタカゼふいてるらしいわ。

ままはサムガリのクセに

窓閉めるのキライやねん。

どっか隙間つくるんや。

サムイなぁ~ってちょっと朝クシャミしたら…

      061116_2

 このシマツや…

ナサケナクテ、涙でるわ…

みっか~ソレナニ~

(≧∇≦)ブァッハハ!

ってワラワレテルのが見えるようや…

 

      061116_3  

まま、オネガイ早くとって…

イヤ、それやと前が見えヘンし…

よく似合うね~って、

ちゃうやん。

ボク、イヌやんライオンちゃうやろ。

 ちぇ、コンナコトやったら(-。 -; )      

061116_4クシャミなんかせなんだらヨカッタ…

まま、ワカッタから、もうアッタカイから

モウフのイタズラせーへんから

加湿器のぼあぼあもサワリニいかへんから

オネガイぬがして…

キブンが…ぶるー…ちきしょー…わらわんといてねっ!

| | コメント (4)

RiRiRiRiRiRiRiRi…

この時間の電話はタイテイ勧誘。ムカシはこういうのキライだったなぁ~。

20060409_020 「ハイ!」

「あ、奥様でいらっしゃいますかぁ~」

「イエ違います~"奥"じゃないですよぉ~」

「え?」

「番号ご確認下さいねっ(^o^)シツレイしますぅ」

かちゃん★

あ、ちぇー。つい切っちゃったよ(^-^;~ 

今日は結構ヒマだし、もうちょっとアソンでもよかったかな~

勧誘電話に出るたび、ワタシは10年程前に一緒にシゴトしてたH課長を思い出す。

いつも海外を飛び回っているヒトで多分に山師的なトコがあり、「エリート」な感じはなかった。

シゴト中にかかってくる勧誘電話に対して、H課長は耳掃除しながらよくからかってた。

ムカシムカシ、バブルがはじけた後も、転売目的のマンションだの分譲貸しのワンルーム買いだの、宝石や生涯教育etcのデンワが仕事場によくかかってきた。

中でもしつこいのは「先物取引」

「田中といいますが~」とかかってきた電話を切ると「岡田といいますが~」と同じ声。そして「前田といいますが~」

「田中なの?岡田なの?前田なの!?」 

「株式会社前田田中の岡田といいます」とニィチャン抜かしやがった。

つい笑っちゃいました(*^▽^)ノ彡☆ばんばん!。「あそー!じゃね!」 がちゃん。

H課長はこのデンワでよく遊んでた。

「んで、ナンボもうかるねん(^^)」

「ほ~ほで、ナンボ要んねん」

「ほーかい、そんなにもうかるんかぁ~(^-^)。ほいで~ぇ?」

「ふん、ふん!なるほどーぉ」

「お前親切やなぁ~、トコロデお前給料ナンボやねん ほーかいな」

「そのシゴトで投機したらマズイやろ、金オレ出したるよって、シゴトやめて投機で喰えや」

「いやいや、オレに才能ないしな(^-^) 。利息は法定範囲でエエで」

タイテイその辺で向こうに電話を切られてしまう。

「ツマランやっちゃ^^」

このオジさんから教えられたコトの中で今も一番役にたつと思ってるコトバ

「アタマ下げるコト嫌がったらアカン、アタマ下げて減るもんはナイ。アタマ上げてたら信用ヘルダケや。アタマ下げて済むもんなら千回でも下げタレ」

直接の上司になったことはなかったケド、ベンキョウになるコトは多かった。

ワタシが会社を辞めてしばらく後に定年になられたと聞いてる。

その後、双方喪中続きで年賀のご挨拶もしないままになってる。

今年は年賀状に「もうかってまっか(^0^)?」って書いてみようかな。

| | コメント (6)

イキテルってな…

「クラスから無視られる」「大きな声で、はやし立てられる」「こっそり哂われる」「オカネを脅し取られる」「殴られる」「カバンや持ち物を壊される盗られる」etc

恐喝強盗とか暴力行為、盗難や器物破損は犯罪です。

イジメが原因と言われる事件が発生すると、いつも犯罪行為に加担した生徒達が罰を受けます。アタリマエです。

でも、無視した哂った囃した子達は「イジメの目撃者」として、「あのコ、カワイソウ…」などとテレビカメラの取材に応えてたりします。

「クラスのホンの一部から」や「たったヒトリから」の行為になら、先生だって対応しやすいと思う。

でもそれを容認して「あいつを助けたら自分がヤラレル」「あいつはクラスで一番●●だから仕方ない」などと理由をつけて仲間に加わる、そういう子達が多い。

皆が納得して!加担してる場合、その惨状は…

今回の自殺予告状報道で、ぽちの小学校からは「注意勧告」のお手紙が一枚来たきり…

 

知ってますか?コドモがガッコウでどういうアソビをしてるか?

自分のコはダイジョウブですか?誰かに「キモイ」「クサイ」などといってませんか?

そう言われてるコを見て嘲笑ったりしてませんか?

殴らなくてもオカネ盗らなくても、それも立派な!イジメ加害者です。

ワタシはコワイです。ぽち(仮名小4)が加担したりしないか…

いつか、たま(仮名年中)が参加したりしないか…

  

事件の保護者会で声高に「ガッコウの責任!」を叫ぶ保護者の方に聞きたいです。

「あなたのお子さんは、いじめられてたコのトモダチでしたか?」

ぽちの同級生のお母さんから、最近になってよく二年前の「ぽちのイジメ被害」について聞かれます。

親としてどう対応したか、ガッコウの対応はどうだったか、相手の保護者との話は…等々

彼らは知らないのです。もしも、ぽちがあの時自殺していたら、彼らの子供達が「加害児童」と呼ばれてたこと…

  

死なないでガンバってくれたこと、ぽち本人にホントに感謝です。

今、生きてぽちが笑ってくれること、守ってくれたみんなにホントに感謝です。

 

つらい想いをしてるコ達に、今かけてあげられるコトバが見つかりません。

コトバだけではどうしようもないから…

でもね、いつか探してる答えは見つかる、ぜったいです。

だから途中下車だけはしないでほしいんだ。

★★★★★

Michajito_10 みっか、今日は外の風ツメタイなぁ(◎-◎)。

窓の中はオヒサマぽかぽか、キモチエエわ(^0^)

みっかはサムイのキライやなぁ~(⌒ー⌒)

あったりマエやん。ユキがふってるコウエンで寝てみたらワカルで(-。 -; )

まま、イキテルってな(・o・) 、タノシイとかオイシイとかウレシイとかスキとかイッパイあって、オナカがアッタカクなるねんでd(ー.ー )

ホンマやね、ウレシイね(ρ;_^)

| | コメント (2)

サイクリング♪

サイクリング♪

今日は自転車のアミューズメントパークに行きまして〜

ぽち(仮名小4)の保育園からの友達家族と一緒♪

大きいコ達はサイクリングコースに出てますが、たま(仮名年中)達小さいチームは変わり種自転車に夢中

手でこぐ自転車やジャンプしてこぐのとかタノシイデスo(^o^)o☆

お、この動きは一昔前流行った●テラルサ●トレーナだねっとかもあって、母達も結構夢中ヾ(^_^;

明日以降の筋肉痛がシンパイ(ΘoΘ;)

| | コメント (2)

今日はキモチエエなぁ~

今日は、オヒサマもゲンキやしo(^-^)o

窓あけててちょうどエエ!

ヌクなったら、オナカんトコ、カユイかな~

  

キモチエエな~ ソコかゆいねん、カキカキしてて~

そうそう、そんな感じでね!(´ー`) ウフフ

ボク、ネムクなってきたわ(-_ゞ ゴシゴシ~ 

まま、ずっと掻いててや~

あのね~ムリだよーん!(-"- )

    

なんでよ~ まま、って ワガママやわ~ ねぇd(ー.ー )

どーーーーーーっちが!?(~o~)

| | コメント (2)

自分でなんとかする…

最近「イジメ」ってコトバが沢山使われてる。

ぽち(仮名・小4)は小2の時同学年の多数から、「無視される囃し立ててからかわれる」ということがありました。

他クラスの男の子・Tクンの気に障ったらしかったです。

ぽちの小学校では、Tくんが通っていた幼稚園の出身者が大半で、その学年の人気者だった彼の気に障ったからなんだそうな…

クラスで遠足の活動班を決めるとき、ぽちだけがドコにも入れない。

卒業生の歓送会をするのに、出し物をする仲間がいない。

初めからいなかったわけではない。遠足でもお弁当を一緒に食べるコはいたそうだし、出し物も何人かで練習していた。

ところが、しばらくすると彼らがやってきて「コイツといると、お前達もみんなからムシされるぞ!」と脅すわけだ。

そうすると 「…ごめんね…」 「…いいよ、ヒトリでダイジョウブだから…」

こういうコトはワタシは知らないコトになっている。ぽちはワタシに報告しなかった。

ぽちの状態を教えてくれたのは、「最後にぽちを離れたヒトリ」のクラスメート、それとぽちの空手教室の先輩達。 

ぽちにイジメについて聞くと「自分でなんとかする。休まないし、ダイジョウブ」と言った。

休んでいいと思うのに… まぁ、がんばってみ、あかんと思う前にママに言いや。

その後一年ほどの間に、空手教室の先輩達とT君達とのイロイロがあったり、担任の先生や校長先生のイロイロがあったり…結局オトナ達も話しをするコトで、この一件は一応の終結を見た。

その中で驚いたのは、それが「イジメ」だと感じてたのは、T君ぽちを含む少数だけで、アトのコ達は「アソビ」だと思っていたこと。

”持続性全天候対応「おにごっこ」を学年大半でしていたつもり”なわけでした。

  

現状、ぽちは4年生になった。教室で校庭で一緒に遊ぶ仲間はいる。時折、放課後の公園でナカマと遊びすぎて、帰宅時間を見誤りワタシに怒られるようにもなった。

だけどぽちは彼らを「トモダチ」とは呼ばない。「オンナジクラスのコ」とか「オンナジガッコウのコ」とか呼ぶ。意識的ではないと思うが、「トモダチ」というコトバを避けているように思う。

発信源T君に対しては、特に何も思わないようですが、他のコ達への不信感は未だ根強いようです。

「”キライだからイジメル”ほうが”よくワカラナイケド、みんなとイッショ”より、まだましだ」ぽちは言う。

  

以前、たま(仮名・年中)が園バスで毎日同じコ達にからかわれると泣いた。

「ままがたまの先生にお話しようか?」 「…いらない…(ρ_;)」

「ちゃんと話したって!先生に言うほうがエエねん!たまがガマンせんでエエ!」

ぽちもホントはあの時そうして欲しかったんやね。

まだまだ小さいぽちに、「自分でガンバル」なんて言わせてしまったんやなぁ。

ごめんね、ぽち。

 

痛みを知ったからこそ、ヒトとの距離を測ることを知る。遠すぎても近すぎてもダメだと。

痛みに耐えてるヒトに、同情はいらないと言う。

「カワイソウ」はからかいのコトバより残酷だとぽちは言う。

あの時、ワタシはナニをしてやればよかったんだろう… 

 

たった数年でオトナになろうとするぽちを見てるとね、あの時のことが悔やまれて仕方ない。

キミはママ達を頼りにならない親だと思ってただろうか、シゴトと介護と育児に追われて気がつくと、ぽちは幼児から少年になっていた。

ごめんね、でもね、ママはキミを誇りに思う。少なからず、間が抜けてて要領悪いキミだけどね。

ぽち、キミと暮す時間を与えられているコトは、パパとママの慶びです。

★★★★★

みっか~ ナニフテクサレてんの~(^-^;

今日はぽちのコトばっかり!ボクは~?!(-"- )

あ、オシゴトだ~ 行ってこよーっと!°゜°。。ヘ(;^^)ノ

ゼッタイ、ボクのほうがカワイイのに!モォ (`ヘ´)

| | コメント (6)

はやく(*'o'*)

はやく(*'o'*)

ぼっちま!今日のメニューは、イトヨリと野菜(カボチャ・大根・人参・キャベツ)のスープおじやデゴザイマス〜

も〜ナンデもエエから、はよチョ〜ダイ<<o(>_<)o>>

ちぇ〜っ(ΘoΘ;)ツマンナイの〜

アソンデほしいんやったら、ごはんのあとでネ!d(-_-)

…ベツにいらんわい(-"-;)

| | コメント (2)

おやすみおわったら…

おやすみおわったら…

ツマンナイ(*'へ'*)

だってな~ダレもおらへんねん。

雨ふったらアソボなって、ままイウタケド、雨ふらへんし!(`ε´)

ずっとシタでオシゴトしてるねん。

昨日までアソボ!アソボ!てウルサかった、ぽちもたまもおらへんねん

せっかく、チョットくらいやったら、アソンだろかとおもたのに…

ヒトリであそぶオモチャはツマラン! ボールもトンデクルからオモシロイねん…

まま早くアソボ!もうボク、マチクタビレタで! <_<)o>>

ごめん、了解!(`o'ヾ  もうちょっと待っててやd(^-^)

| | コメント (4)

今朝の散歩で…

オハヨウさん、ボクみかえるやで。

20060409_015 

  

   

   

   

    

チョット今朝はキゲンワルイねん。   20060409_013_120060409_012

 

  

   

   

   

 

いつもサンポに行くコウエンでみつけたんや。

ネコさんのオヘヤやったんやろな。

中はカラッポやった。モウフもゴハンもなんもナイ。

このなかにおったコはドコにいったんやろうか。

今朝はサムかった。風邪ひいてないか?

オナカすいてないか?クルマにぶつかんなよ(ρ_;)

| | コメント (2)

ぽち見直したゾ!ちょっとダケ…

今日は病院に行って来ました。

以前から気になってた後脚の相談です。

いつもシャンプーの時、後肢のふんばりが弱いので、問題があるのだろうと思っていたのですが…

診察の結果、「靭帯が両方伸びきっている」そうです。

多分先天的なものだろうとのことでした。

「筋力を保持するために、毎日の運動を欠かさないコト、体重を増やさないコト、(現在8.3kg)このまま維持と言われました。」

「年を取って体重が増えていたら、歩けなくなる可能性が大きい。」

予想はしていたものの、その言葉を聞いてしょげそうなワタシ(T-T)…

その時、いっしょに、来ていたぽちが急に

「体重増やさなくて、毎日のお散歩をさぼらなければ、年を取ってもあるけるかもしれないですね!*^^*」

獣医先生も「もちろん!^_^」

そうだね、がんばろうね!一日ノルマが1時間だそうで…

今はクリヤーできてるけどさ、これから冬が来るんだケドね~

ぽち、せっかくちょっと見直したんだからさ!

ダイジョウブ~(~_~;)? さぼるんじゃないYO!

| | コメント (4)

最近ボクのオキニイリ~

20060409_001_1 コレまた、エエ音しよんねん!

ぷぴーっ!

マエ行った海のランで

ヨソのコがアソンでたのんと同じ!

そのコのん「借りて!」アソンでたら、ままが買おてくれた。

20060409_002ぷぴーっ!

アソンでエエの!?

ちゃんとオスワリして待ってるで!

………

マダ…ですか… マッテ…マスケド!

20060409_005 「がぅはアカンで」デスカ?

ワカリマシタ!

「ちゃんとオフ!」もデスカ?

ちょっとムツカシイケド…

ガンバリマス…20060409_007q(´・_・`)p

ヒャッホーぉ! ヤター!!

モロタラ、コッチのもんじゃい!

へへーん!やんなぁ~っと

もー返せヘンもー20060409_011 ん。ウケケΨ(`∀´)Ψ… 

え、ままドカシマシタ? (・.・;)

ナンか聞こえマシタか?

ボク、エエコでアソンでマスよぉ~

ね(o゚▽゚)oニパッ!d(-_-) デショ?   

………お気に召したようでコウエイでごじゃいます(-_^:)…

| | コメント (9)

想像力が足りない

「想像力が足らん!」中学3年の担任がよくワタシ達に言ってたコトバです。

もちろん、中3生の我々がスナオに彼のコトバに聞き入ってたわけもなく、不平不満無視のなか、彼はいつもワタシ達に話し続けた。

たくさんの彼の言葉の中、ワタシに大きな影響を与えたのは、彼が学級通信に書いたコトバだった。

「ドラえ●んは来ない、ウル●ラマンも、鉄●28号もいくら呼んでも来ない。どんなに苦しくても、ヒーローは誰も助けには来ない」

自分で苦境を乗り越えようとしなければ、他の誰も助けようがない。アカンボのようにダッコしていくことはできない。ただ、壁を乗り越えたとき、”自分からの賞賛”はお前のものだ。

苦しいときも楽しいときも想像力を使えと言われた。苦しいときはそのアトの楽しさを、楽しいときは、その影に他の誰かの努力と応援を想像してみろと。

当時、ワタシがボランティアに参加してると知った彼に、「どれだけ自分が助けられて存在してるか知るいい経験だ」と言われた。

「助けられてる?」助けるのマチガイじゃないの?想像力が足りなかったのである。

その疑問は間もなく解けてしまった。

「自分ヒトリには何もできない」と知る。それがボランティアなのだろうと思う。

一生懸命進もうとすればするほど、思わぬところから横槍が入る。進まぬ活動に場の雰囲気が沈滞する。内部批判が起きる。それを煽る外部批判も起きる。そして更に活動は進まない。その間も、支援を待つヒトがいるというのに…

何もできない…学校の成績表はなんの役にも立たない。

自分が命を守られて育ったコトも、健康な身体も、飢えた経験がないコトも、自分の所有するものですらが、自分のチカラによるものではないことを思い知る。

「誰かを助けてあげたい」「誰かの力になりたい」若い未熟なその想いは、あっという間に頓挫した。

 

トシをとり、自分の父・義父の介護、育児を経て長い時間がたった。

自分のコドモ達を取り巻く環境がなんと恵まれているかを感じるとき、未だ飢餓や紛争のために命を危険にさらされている子供達が現存する事実との違いに、人間が無力であことを知らされる。

どうしてなんだろう、彼らがあの地に生まれてきたのは、彼らの責任ではない。

ワタシのコドモが、恵まれた環境にいるのは、彼らの努力によるものではない。

  

ワタシヒトリでは何もしてはあげられない、でも、少しだけ。できることを少しずつ…

想像してみた。みんなが千円ずつ毎月送金できたら… ほんの少しの間でも見知らぬ子やその母親の助けになるのかも、それともどこかで支援を求めるワンコ達に…。これならできるかも…?

例えば、ユニセフにはマンスリーサポートというのがあります。毎月2千円を援助すれば、「年間で105人分の文房具一式または、ビタミンAカプセル5000人分を送れる」そうです。

想像してみて下さい。クレジットカードの請求額が毎月1000円増えたら、毎年地球のどこかで50人の子供の喜ぶ顔が作れるかもしれない。

自分のうちに子供達がお礼を言いに来てはくれない。でもね、想像できるでしょ。新しいノートや鉛筆に喜ぶ顔。ノート抱いて寝てくれるかも?

アト40年生きたとしてずっと続けられたら…そしたら2000人にノートが贈れるかもしれない!ちょっとスゴイかも、でしょ!ぽちの小学校の3つ分より多いよ!ほんの小さなことかもしれないケド、でも…

見えなくてもどこかで誰かが喜んでくれたかも知れない、その想像力で持続していく。小さいコトでも、倦まず弛まず焦らず休まず…

自分ひとりではできない。自分自身が多くのヒトに守られてるからこそできる。

「続けることができること」に感謝して続ける、きっとそれがボランティアなんだと思う。

  

阪神大震災で新潟の震災で日本海沿岸の水害で、広島のドッグぱーくで「誰かのために」行動できたヒト、できなかったヒト、しなかったヒトも、助けてもらった側のヒトもみんな…。

「これからも続けていけると思う」そのキモチが、まだまだ日本中で世界中でいろんなカタチで、みんなの気持ちが必要です。

少しずつ、できることを、どこかで続けてやってみませんか?

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »