« Michaelが来た-07:みっかが覚えたコト | トップページ | Michaelの日常(09)冬の室内遊び »

Michaelが来た-LAST:保護犬を迎えたというコト

我が家で最初に受け入れる予定だった子は、「繁殖業者の廃業に伴う処理」予定だった子でした。

ケージの中で育ったというその子はあまりに小さく、後ろ足が伸びなくなっていました。このまま歩けないかもしれない。それは10年間車椅子を使っていた父(故人)を彷彿とさせました。

血統書によると2歳らしいのですが、歯はボロボロ。タノシイ思いをして育ってはいないはずなのに、ニンゲンにすりよって甘えてきます

「足が不自由な上に、トイレもなにも躾けられていないので、しばらくは大変だと思います」

約一年前に父の介護を終え、「在宅仕事のワタシにとっては、父の下の世話より、ワンコの下の世話のほうがラクよ~^^」と返事しつつ、それは父の供養のつもりだったのかもしれません。

その後は以前書いたような変遷があり、我が家にはMichaelがやって来て、当初のワンコは別の方のもとに迎えられました。今はそのおうちの子として可愛がられているようで一安心です。

保護犬はそれまでの飼育状態も経緯もそれぞれで、一概に「迎えるには…」というマニュアル化はできないと思います。でも、表現系はイロイロだけど、どのワンコ達も「愛したい愛されたい」キモチでいっぱいな気がします。「ニンゲン不信で敵意ムキだし常に臨戦態勢」という子もいるらしいですが…それすらも、愛されたいんだと思います(ρ_;) 

身体的にハンディを持った子も、染色体に不安を憶える子も…でもね、ショップで買ったとして、絶対その子が天寿まっとうできるかわからないですよね。もしも…そんなことは考えたくないデスケド…

我が家にMichaelみっか来たとき、ボランティアの方からは「ウエスは“テリア気質が強く慣らし難い犬”です」と言われました。

一般的な意見だと思います。でも、「テリア気質は“飼い難い”」というんじゃないと思います。結局は”ワンコの個性と相談”だろうな。

Michaelみっかは、ほんとにプライドが高くって強情っぱりのくせに、寂しがりで甘えん坊なのでタイヘン。甘えるのがヘタというか、愛情表現がニガテ。ウエスってみんなそう?

でもでも、あの目じっと見てたら、「ままが大好き! ボク好き?」って聞こえてくる。「大好きだよ~」って言うと、安心したみたいに膝に上ってくる。それだけで充分。

みっかはネコみたいに膝の上で丸くなったり、あかちゃんみたいにオナカ上に向けて抱っこされるのがスキです。みんなそうなのかな

そーっと揺すってると、すーすー寝息を立ててしまうこともあります幸せ~な時間デス

いつまで、この幸せな時間が続くのかよくわかりません。でも、それだけに今の時間は大事にしたいと思います。

また緊急の保護を必要としているワンコが、世の中にたくさんいます。わかっていますが、今、我が家に他のワンコを受け入れることはできません(ρ_;)。

また、みっかに寂しい想いをさせるかもしれない、そう思うから…。せっかく家族皆んなの愛情を一身に受けて、やっとみっかなりにのびのびと暮らせるようになったばかりなのに…

ワタシは、初めのワンコの話を受けたとき「虐待犬の生命を守った」と思っていたのかもしれません。そういう意識はなかったつもりなんですが… 

でも、今はみっかと会ったあの日が「運命の出会いだった」んだなと思っています。

他のワンコではなく、みっかと会うべくしてワタシ達は会ったんだと。

ベターハーフを見つけるため、イロイロなペットショップを巡っておられる方の中に、もしかしたら「運命の子はショップにはいない、違うところであなたを待ってる」そういうこともあるかもしれないと思います。

そういう選択肢もあるということ、結局はそれだけのことだったのかなと思います。

保護動物への偏見をちょっと脇に置いといて、その子達に会いに行ってみて頂けたら、その中にベターハーフがいるかもしれません。

★★★★

V4010004 みっか~。重い降りて~膝しびれる~.(хх。)

イヤ!(^Q^)/^だってぬくいもん。お仕事オワッテんやろ~、ダッコして!

ワガママ~(~o~)

そ.こ.が.ええんやろ~(#^_^#)

(^^)\(--;)てい!

|

« Michaelが来た-07:みっかが覚えたコト | トップページ | Michaelの日常(09)冬の室内遊び »

コメント

ウエスティは飼いにくい、気が強い、と言われてるけど、「自分を持っている犬種」だと思います。うちの場合、怒って、無視して、背中むけると、「どうして~?私何か悪いことした~~?まっいいかっ!」
の次の瞬間、「遊ぼうよ~」と飛び跳ねるのを見たら・・こっちも怒ったことすら、忘れてしまうくらい陽気なその態度に、思わず微笑んでしまいます^^;
廃業に伴う処理・・・ゲ-ジ生活で足が弱ってる・・生ませるだけの道具としてしかワンコを扱わない業者が、良心的ブリ-ダとして、のさばってるんですよね・・

投稿: プルプルまま | 2006年3月 2日 (木) 午後 11時02分

ぷるぷるママさん ようこそデス!
需要の高い種をどれだけ迅速に且つ数を確保できるか。流通販売の原則としては正しいんでしょうね。
でも、販売の対象は生体・生きているココロと知能を持つ身体ですもの、もう少し考えて欲しいと思いますよね。
ウエスと暮らすのは初めてですが、チビの頃、我が家にはシュナのミックス【この子もノラでその後放置されてたところを姉が引き取って来た】がいまして、コヤツも相当ひねくれた性格^^;のコだったノデ、追体験してる感じデス。ワタシがチビの頃、あのコにしてやれなかった分も、いろんな"タノシイ"を一緒にしたいな~デス。

投稿: みっかまま | 2006年3月 3日 (金) 午前 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Michaelが来た-07:みっかが覚えたコト | トップページ | Michaelの日常(09)冬の室内遊び »