« Michaelの日常(01) | トップページ | USJに行くよ^_^ »

Michaelの日常(02)

Micha01 今日は、娘たま(仮名)は延長保育の日です。長男ぽち(仮名)の学校は参観日。

しかし、ワタシはお仕事でございますノデ、いつもと同じ…

仕事をしつつ、Michaelみっかとうだうだ過ごします。家は出られませんが、この時期そう忙しくはないのです。

ちょっと長男ぽちがカワイソウかなともオモウのですが、生まれてこのかた「ハハは仕事するもん」と思っているらしく、ぽちはあまり気にしてないようです。

明日は祝日だし、久しぶりにぽちとたまをUSJにでも連れてってやるかな~じつは、車で30分なんですよ、便利です、実際。

デモ、日中に出かけるとMichaelの機嫌はサイアク~になる。

「なんで、ボクとアソベへんねん!帰ってきても、もうアソンだれへんからな~」てな感じ。

フテくされると、自分でさっさとケージに入り、クッションに頭を突っ込んで

「もー!しらんもーん、怒ってるもーん」で、こそっとこちらの様子をうかがう。

うちの末っ子になったみっかは、末っ子らしさ爆裂^_^;デス。

★★★★★

犬のサイトをみるようになってよく「虹の橋」というフレーズを目にする。

リンクを貼られているサイトも多くて、訳詩もイロイロだけどやさしさで癒される。

本が出版されているのを知って、ぽちやダンナにも読ませようと購入したよ。

さっき届きました「犬との10の約束」(リヨン社)

「犬の十戒」と「虹の橋」、「虹の橋のたもとで」の3篇が収録されています。

最近、少しだけ20年前飼っていた柴犬次郎を思い出すことができるようになった。

次郎は3年間闘病しただけで逝ってしまった。

彼は最期のとき確かに「ありがとう」って言ってくれた。

 「はーひーはひー」って苦しい息遣いだっただけだと思う気持ちもあるけど。

でも、あの時あの子をどうすることもできずに抱いてたさすってた自分を思い出すと、あれはやっぱり「ありがとう」だったんだと今は思う。

あの日、獣医さんに「楽にしてあげたら?」ってすすめられれたとき、連れてかえるなんて言わないでおけばよかったとずっと思っていた。

今もどっちを次郎が望んでいたのかよくわからない。

またいつかMichaelとも別れなければいけない日がくるんだろうなぁ。

051130212900そのときの哀しみはきっと今想像もつかないだろう。それまで愉しく過ごすしかナイんだよね。

こんなこと考えてた今、みっかの顔みたら「まま~なにしてんのー?アソンで~」 あいよ!

|

« Michaelの日常(01) | トップページ | USJに行くよ^_^ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Michaelの日常(01) | トップページ | USJに行くよ^_^ »